中原淳の名言|自分の「第2の創業期」を設ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は僕にとって「第2の創業期」です。会社の研究を始めて約10年がたちました。昨年までの研究に「一区切り」をつけ、新たな研究を始めようとまた現場を回っています。現場の方々に読んでいただける付加価値のある研究を生産したいと願っています。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

幸之助の指導は、ひたすら質問攻めです。その質問に答えられなかったら、次に会った時にまた同じ質問をされました。その間に自分でちゃんと考えたかどうかをテストしていたのだと思います。みずから考えて、みずから行動して、時にみずから失敗する。その体験から本当の学びが得られるのだというのが幸之助の考え方でした。

自分がこの会社を繁栄させた、などと考える社長は、思い上がりの最たるものだ。預かりの精神のない社長は失格だ。

自社商品がお客様に支持されているポイントを知るには、以前その商品を買ってくれたお客様に聞くのが一番です。

使える情報は、ありとあらゆるものを使う。今日見たものも、聞いたこと、人に話したこと、すべてが考えるための材料です。

価値観は人それぞれだと思いますので、登場人物にも多様な立場の人を入れています。社会には自分とは違う様々な価値観がある。そこを描ければと思います。

いったい、誰のための家づくりなんや、ということをもう一度考え直さなあかんと思うんですわ。木組みとか伝統構法とか、自分の大工としてのこだわりを満足させるためだけの家づくりじゃあかん。自分を頼って家をつくってくれと言ってきてくれはったお施主さんに満足してもらうことをまず第一に考えなあかんのです。

人は本能として批判的な言葉ばかり目につくのかもしれません。しかし、それを口に出してしまったら、コミュニケーションが始まらない。

ページの先頭へ