中原淳の名言|ひとりで考えないことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりであれこれ考えていると、独善的になるし、間違えたりする。誰か話せる相手が必要です。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

みんなが賛成することはたいてい失敗し、反対することはたいてい成功する。

ひらめいたことはすぐに文字にし手帳に書き留めます。メモが増えて混在し、どれがどれだか分からなくなるのを避けるために、書き留めた言葉を改めてネーミングやフレーズにまとめて、50音順にファイリングする。手帳でブレーンストーミングしている感じですね。

いま描いているのを最高に面白い傑作にしたいなあと、思いながら描いているんです。

我々が住宅地図のデータを長年作り上げてきたことも非常に高い参入障壁となっており、そのために投資してきたとも言える。それでも社員にはいつも「あぐらをかくな」と言っている。

人づき合いで大切なのは、ほどよい距離感を保つこと。親和葛藤理論といって、人は自分がちょうどいいと思う距離よりも相手が近づいてくると不快に感じるし、逆に遠いと、よそよそしく感じる。つまり、相手が心地よいと思う距離感がわからずに、近づきすぎたり、口出しすると迷惑がられ、逆に双方にとってベストとなる、つかず離れずの距離を保てる人が好かれる。

パイロットを辞めて経営に加わることになったとき、私は自分の仕事人生に区切りをつけました。新たなステージに進んでいくのだから、過去の経験を引きずるのはやめようと思ったのです。私は写真など思い出の品をすべて捨てました。これからは経営をやっていくんだ、と気持ちを新たにするためです。

我々の世界では、継続的に優秀な人材を生み出す事が重要です。例えば、優秀な若者が携帯電話1台で起業して、天才的な能力で市場に参入してきます。我々もその意味で個人を成長させ続けることは重要な課題となっています。

市場の成長期はとにかくスピードと投資が全てだ。

全従業員に「継続は力だよ」と繰り返し言っています。継続することが力。逆に言うと、継続しなかったら力にならない。

たった数名で、マンションの一室からのスタートでしたが、負ける気はしませんでした。IT時代とは、個人が有益な情報を必要とする時代です。ITの世界で生まれた新しいユーザーである彼らの消費や投資を活性しようと考えました。

ページの先頭へ