中原淳の名言|ときに振り返ることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

振り返りは、毎日する必要はありません。しかし折に触れて振り返る習慣はつけておいた方がいい。振り返りをしないで前進し続けることは、リスクを大きくします。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

同僚とのコミュニケーションは大切です。大事なのが雑談。黙々と働く環境よりも、仲間と雑談しながら働く職場環境のほうが、創造性が高まり、生産性はアップします。

仕組みは常に見直す必要がある。IT技術の進歩で仕組みが陳腐化したり仕組み同士の連携が悪くなっている可能性もある。

生まれるのは誰でも生まれる。死ぬのは誰でも死ぬが、生きるということだけは、これは千人が千人、万人が万人、皆違った生き方をする。

一般的に、私たちは自動的にマイナスに物事を捉えて、その後で現実を確認しながら考えを修正していく機能を備えています。しかし、気力が落ちているときには、物事を精査する思考力も低下しているため、マイナス思考から脱出できず、過度に悲観的になってしまうのです。

アメリカ企業からは、日本の市場は不透明だといわれています。その多くは認識不足や理解度の違いにあり、それを解消する鍵は、人と人とのネットワークです。人を介して接点を持つことで、大企業であっても障壁は低くなり、多くのことが分かってきます。

自分を変えたいと思ったら、いまからでも一度やってみたらいいと思います。

単調で退屈に思える仕事を面白くする3つの心得

  1. 仕事を研究すること。
  2. 仕事の目的だけでなく、意味を考えること。
  3. 仕事の「彼方」を見つめること。仕事の目的は、会社の利益だけではなく、社会への貢献があります。その貢献の意味を深く考えること。

ページの先頭へ