スティーブ・ジョブズの名言|進み続けよ、決して安住してしまってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

進み続けよ、決して安住してしまってはいけない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

新しい製品を開発する時は「これをやったらお客さんが喜ぶよね」ということを考えよう。

現社長が明らかに間違った決定をしたら、言いますよ。だけど、あくまで役員会で一役員として言います。創業者だから意見に従えではなくて、論理的にデータに基づいて議論をして説得します。逆に相手が正しければそれを認めます。それが企業内統治なんですよ。

当社の人事制度は、一度降格してもまた復活できるシステムになっています。これが一番大事なことです。

ダイエットは性格改善に効果的。体型と行動には密接な関係がある。スリムになると、自分に自信がつき、堂々と振る舞えるようになります。そもそも体の健康は心の健康を大きく左右するもの。私自身もダイエットでそれを実感しています。

いつの時代でも企業にとって大切なことはイノベーションに尽きる。イノベーションによって新しい価値を生み、新たな産業を創り、雇用を増やし、国家財政を豊かにしていくことに貢献していくべき。

今の状況をよく見て、人の話をよく聞く。そうすることでこれから必要なものが見えてくる。その意味で、兆しは今にある。

社会人になったばかりの新入社員には、時間が許すならば、ビジネス書のようなノンフィクションではなく、フィクションを読むことを勧めたいですね。フィクションを勧める理由をひと言でいえば、「物語というのはたかが物語ではない」ということです。物語の世界というのは、現実の世界よりも広くて深いのです。フィクションだからといって侮ってはいけません。人間が何か新しいことをやるときは、必ずといっていいほど、ファンタジーの世界から入っていくことが多いのです。それは月面着陸でも、リニアモーターカーの開発でも同じです。

ページの先頭へ