スティーブ・ジョブズの名言|進み続けよ、決して安住してしまってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

進み続けよ、決して安住してしまってはいけない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

名誉は境遇から生じるものではなく、それぞれが自己の役割をまっとうに努めることにあるのだ、ということに気づいているのは、ごくわずかの高徳の人々だけである。

私は常々、「ダブル・ミッション」の大切さを説いています。つまり、担当業務として果たすべき「責務のミッション」と、「組織人としてのミッション」の二つがある。その二つのミッションをいつも認識して、日々の仕事に取り組んでほしいというメッセージを出しているのです。果たすべき「責務のミッション」とは、社長が明示したミッションの中で、自分が該当している業務のミッションの遂行に努力するということ。それに対して「組織人としてのミッション」とは、大きな企業ビジョンを自分のものとして落とし込み、「自分だったらこうやって実現する」というミッションを立ててみずからに課すということです。

外部環境や競争環境が変わるということを前提にどれだけ早く動ける企業の体質を作っていけるかが、私たちの仕事。

以前、店長候補として採用した一流大学での新入社員は、記憶力が抜群なのですが、店に出すとこれがまったくダメで使い物になりませんでした。周囲の空気や人の感情を理解できない人は、接客の仕事には向いていません。そういう人を店長にするわけにはいかないので、部署を異動させて数値管理の仕事をさせたら素晴らしい能力を発揮してくれました。適材適所を見つけ出すことも人事の重要な役割です。彼はいまでは本社業務のスペシャリストとして手放せない人材の一人になりました。

このまま現役にしがみついていていいのかと悩んだ時期もあった。でも、優勝の瞬間は、諦めなくて良かったと心から思いました。

フードビジネスは、いったんは減収となるかもしれませんが、中長期的には必ずプラスになっていくプランで進めています。向こう10年ぐらいの計があるイメージを持っています。これまで続いたミスタードーナツの落ち込みをいったんリセットして、そしてさらに飛躍していくように持っていきます。

いまのアパレル業界は決していい状況ではありませんが、実はこれはチャンスです。なぜアパレルが不振なのかというと、それは需要と供給の間にズレがあるからです。つまり、お客様が求めているものを、我々メーカーがお届けできていないということに原因があります。であれば、お客様が求めているものを早くお届けできた企業なりブランドなりが利益を勝ち取ることができる。そこにチャンスがあるのです。

成功体験に執着してはダメ。固執すると視野狭窄に陥って、次が見えなくなってしまう。

自分が勤めている会社が、10年後に存在しているかどうかさえわからないんだから。嫌な仕事をグッと我慢して、会社にぶら下がりながら生きていくという生き方は、いまは報われないどころかリスクでさえあります。

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】

ページの先頭へ