スティーブ・ジョブズの名言|進み続けよ、決して安住してしまってはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

進み続けよ、決して安住してしまってはいけない。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

想定外とか想定以上のことが起きたときに、それをどうマネージするかという危機管理能力みたいなものが本当のリスクマネージメント。

接待はビジネスでもプライベートでもない外と内の間、つまり縁側のような場であり、そうしたシチュエーションでは本音も出やすいもの。ですから接待を企画する際は、「オフィシャルとカジュアルの間」を意識し、話しやすい雰囲気作りを目指しましょう。

つい先日、(外国人に)日本の通勤ラッシュについて聞かれたので、ユーチューブで駅員が乗客を押し込む映像を見せたら、「よく分かった!」と喜んでもらえました。

創業以来、不動産事業を核に広くビジネスを展開してきました。今後も不動産会社の枠にとらわれず、お客様の暮らし全般をサポートしていきたい。

「出身コミュニティや学歴に左右されない機会平等」も重要なことです。インド社会は日本と違い明らかな階級社会・学歴社会であり、MBAと中卒や高卒との溝は大きいですが、我々のカルチャーは違います。ソニー・インディアでは出身コミュニティーや学歴に関係なく、頑張った人や業績に貢献した人が平等に報いられる組織を目指しています。1500人の契約社員の中から、毎年5名くらいは正社員にも登用しています。さらに、透明性も重要なキーワードです。

様々な情報に触れ、常日頃、ロジカルに考え抜いているからこそ、ある瞬間ひらめくことができる。

マンネリ化はよくないと思われがちですが、じつは悪い面だけでもありません。マンネリ化とは、一方で仕事が効率的に進んでいることの表われです。仕事に不慣れだった頃は、苦労や失敗が絶えなかったかもしれませんが、慣れてくると問題は減ってきます。それを世間ではマンネリ化しているというのです。もしマンネリ化がなかったら、目に映るものすべてが新鮮で、驚きの連続でしょう。それでは仕事が進みません。マンネリ化とは、一度経験したことに対しては「慣れ」というメカニズムで対処することで、仕事の効率化を図る重要な機能なのです。

ページの先頭へ