名越康文の名言|人が引き寄せられる人、人が遠ざかる人

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に役立つ情報だけを引き出そうとする質問は相手の主体性を削いでしまいますから、そういう質問ばかりする人からは、次第に人が遠ざかってしまう。でも、自分を尊重して活かすような質問をしてくれる人には、自然と周りの人が引き寄せられていくのです。


名越康文 の経歴

名越康文、なこし・やすふみ。日本の精神科医、評論家。奈良出身。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(のちの大阪府立精神医療センター)にて精神科緊急救急病棟の設立に携わり責任者を務める。その後、臨床に携わりながらテレビ、雑誌、書籍そのほかで広く活動している。専門は思春期精神医学、精神療法。そのほか京都精華大学人文学部特任教授・客員教授などを務めた。主な著書に『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』『女はギャップ』『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』『毎日トクしている人の秘密』『幸せを見つける性格診断』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事とランダム人名

新着Tweet


おすすめ名言



自分に役立つ情報だけを引き出そうとする質問は相手の主体性を削いでしまいますから、そういう質問ばかりする人からは、次第に人が遠ざかってしまう。でも、自分を尊重して活かすような質問をしてくれる人には、自然と周りの人が引き寄せられていくのです。

ページの先頭へ