松下幸之助の名言|進歩は無限

このエントリーをはてなブックマークに追加

進歩は無限であるというふうに考えて、そしてそれと取り組んでいけば、際限なく進歩していくと私は思います。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「転」を省いて「起・承・結」の3つの展開で話をすると相手が理解しやすいのは、話が構造化されているので脳が処理しやすいからです。また、理詰めで話をすることも大事ですが、相手の脳の同じ領域ばかりを疲れさせてしまいます。ときには視覚や聴覚などの領域に訴える工夫も交ぜれば、強い印象を残すことができます。

それぞれの相手に合わせたロジックで提案することが重要です。たとえば総務部の人には、運営にあまり手間がかからないという事実をお話しします。福利厚生を管掌する人事部の人には、「このプログラムで実際にこれだけ痩せた人がいます」という効果をお伝えします。

いつも家族や親友とばかり一緒にいると知り合いも重なり、いつも同じことを繰り返すばかりになるので発展がない。だからこそ、自分とは全く違う種類の人間や完全に別のサークルで動く人たちとつながっておくことにより、いざというときに必要な情報や連絡先を手にすることもあるのだ。

社内で企画の発表会をしています。毎週、制作・広告・管理セクション・マネージャーの4つのチームに分かれ、A4の紙1枚に自分の改善案を言き、発表するのです。1ヵ月に約400枚の改善・企画案が出ます。いい案には5万円の賞金が出ます。サイトの退会率を低くする手法なども出て効果を上げてくれました。

いままで虎屋は、菓子の原料や、菓子を贈る際のしきたりなどについてお客様から尋ねられたらお答えしてきました。でもこれからは例えば最新のレストランや、話題の美術展についてもお話しできるくらいでなければいけないと思うのです。もしお客様が何もお買い求めにならなくても、店でいい時間を過ごし、虎屋や接客した店員に好意を持ってくださればそれでよしとする。会社の奥深さや豊かさを感じていただければいい。そうやって企業文化を発信すれば、売上は後からついてくると思っています。

いま世界ではプログラマーの採用競争が過熱していて、いい人材をいかに集めるかが課題になっています。いい人材を集めるには報酬も大事ですが、それ以上に、中長期でどのような技術をつくり、何を変えていきたいのかというところが鍵になる。

自分の願望を満たすには、まずは「ギブ&ギブ」で相手の願望を満たしてあげる必要があるのです。そういう人の周りには、やはり、ギブ&ギブを厭わない人が集まり、運のいい人脈を形成しています。

ページの先頭へ