松下幸之助の名言|限界をつくらないことが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

「これはこんなものだろう、これでいいんだろう」こういうことで、みずからそれで限界をつくってしまえば、一歩も進歩することができないだろう。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

とくに組織づくりなど、経験でしかわからないことがたくさんあります。村井さんの経験を聞かせていただき、参考にさせていただいています。
【覚書き|株式の店頭公開後、コンパック会長村井勝氏を会長として迎えた理由について語った言葉】

一般的にインド人のマインドからすると社長は雲の上のヒトとも思われていますが、社長も同じ人間です。密にコミュニケーションをとり、全体が把握できているということで健全な組織が出来上がります。インタラクション+リコグニションです。

体育館で段ボールの上で毛布にくるまっている人たち、みんな私が(福島第二原子力発電)所長時代にお世話になって仲良くしていただいた人ばかりなんです。そういう人を目の当たりにして、顔を合わせたときの表情や目線が今でも脳裏にしっかりと焼きついています。いたたまれない気持ちでした。同時にこの人たちを置いて、自分が逃げてしまったら、人として許されず、地獄に落ちるとも思いました。覚悟が決まったのはそのときです。
【覚え書き|福島第一原子力発電所事故当時を振り返っての発言】

地位が上がれば上がるほど、仕事とプライベートは切り離せなくなります。ストレスマネジメントは中間管理職ぐらいから意図的に心がけたい仕事のひとつです。

海外進出にリスクはつきもの。なくすことはできません。でもコントロールはできます。恐れるばかりではダメ。経営者自らが前に出てリスクを手なずければいいのです。

人前でなにかを発表するときにドキドキしてしまう、というのは、自分自身で「プレゼンが苦手」と思っていない人でも同じ。得意な人は、ドキドキしてくることで身が引き締まり、意欲的になる。ところが苦手な人は、心臓の鼓動や頬をつたう汗にばかりとらわれ「まただ。嫌だ」と思ってしまう。まず、誰でも緊張するものなのだ、ということを理解してください。

制作スタッフから「これ以上やると、コストが……」などと言われたら、「大人の理屈を持ち込むな」「そんなことを言うならゲームなんて作るな」と言います。仮に、手元に刀があったら、抜いてしまうくらいの勢いです。

ページの先頭へ