孫正義の名言|足して100%になる計画なんていうものは当てにならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

足して100%になる計画なんていうものは当てにならない。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

長年にわたって発展し続けている企業には、必ず優れた企業理念がある。そして、その理念の中には、己のためだけではなく、社会に貢献する旨が必ず含まれている。

頭を使って考える仕事は時間を決めて集中してやるべきです。私の会社には、「M2H(Max 2 Hour)」という仕組みがあります。「これから2時間は集中して仕事をする」という宣言で、その間は周りの人は一切話しかけず、電話も代わりに取ってくれる、という仕組みです。

人間というものは、危害を加えられると思っていた人から、恩恵をあずかると普通に受ける場合よりはるかに恩義を感じて、その人に深い好意を抱くものである。

数字センスの肝は、数字を作り、数字を踊らせる点にあり。

栃木県の農家で8人兄弟の5男として育ちました。両親や兄姉のほとんどが短命でしたので、若い頃から「たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい」と心に決めていました。

なんといっても従業員の気持ちです。従業員一人一人が「やるぞ」という気持ちになってくれなければ、再建なんてできません。だから29億円の赤字を出した2002年も、従業員のリストラを考えるどころか、ボーナスを出しました。夏、冬はもちろん、決算時の特別ボーナスもです。まあ、金額は半分にさせてもらいましたが。

株が安くなるのをなぜ恐れるの? それはリスクが減ったってことだよ。

売り切りではなく、コンサルティングまで含めた新ビジネスを検討している。狙いは、IoTを使って分析までできる大企業のラインでも、IoTの効果を得にくい小規模なラインでもない。従業員数百人単位の中規模企業のラインだ。

会社の中でミドルは、現場の最前線を統率しつつ次代を支えていく若い人たちを指導・育成する非常に重い役割を担っています。それだけに、次世代を支えていく人たちをよく指導・育成しているかどうか、会社として強い関心を持って目配りしています。

バンダイでは、企画を立てた「言いだしっぺ」が実行する決まりになっています。企画書はいわば当人のやる気を示す「宣言書」なのです。よって「私が責任を取るので、勝負させてください」という熱意が伝わってこない企画は、まず通りません。

ページの先頭へ