孫正義の名言|数字が2つあったら足してみろ、3つあったら割ってみろ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

数字が2つあったら足してみろ、3つあったら割ってみろ。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

頑固な奴じゃないとレギュラーにはなれないハイレベルな世界でもあります。皆の言うことを全部聞いていたら、自分をつくれませんから。自分という芯があって、アドバイスを受け入れるかどうかを選択できる、それが選ばれたプロに必要な姿勢です。

本をどんどん書いた方がいい。そして、ただ書くだけではなく、売れる本を書かなければいけない。

私は日本語、エストニア語、ロシア語、ドイツ語、英語と5か国語を話せるのですが、それは新しい単語や言い方を覚えると、すぐに使ってみたくなる「新し物好き」の性格のおかげかもしれません。日本に来た当初も「こんにちは」や「ありがとう」の次に、兄弟子から「もうちょっと安くなりませんか?」を教わって、ちゃんこの買い出しに行くとすぐに使っていました。スーパーのレジの人は困ったと思いますけど(笑)。

それまでにないことができる可能性はあるかもしれないと思った。
【覚え書き|アスリートに対するエージェント事業を思いついたときを振り返っての発言】

正直、競争は厳しくなっていますし、営業的には大変ですが、新しいホテルが進出してくれば、我々業界内もサービスを考えますし、新たに投資をしながらレベルを上げていく努力をしますから、良い面がかなりあると思います。

人間同士の付き合いは、たとえ、どんな遠慮のない仲であっても、常に一種の演技がある。

思考力が高まってくると、これまで不可能に思えたことも可能になったりします。「それってつまり?」「なぜ?」と物事を掘り下げていくことで本質がみえ、選択肢が広がってくるからです。

ページの先頭へ