松下幸之助の名言|君は幸せだ。いまが最悪だから、君は何をやってもよくなるはず。

このエントリーをはてなブックマークに追加

君は幸せだ。いまが最悪だから、君は何をやってもよくなるはず。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あらゆる可能性を排除しないで、常にいろいろなことを考えていきます。環境も、どうなるかわからないですから。

ヤマト運輸には14万4千人の社員がおりますが、エリアごとに十数人の小集団をつくって仕事をしています。会社の規模は大きいですが、仕事は小さなチームで行なっているのです。そうした組織形態をとっているために、お互いの仕事の仕方、お客様へのサービスの仕方が非常によくみえる。同時に、チームの中の誰か一人がおかしな対応をしてしまうと、チーム全体に迷惑がかかってしまう。その結果、お客様に喜んでいただけないサービスを提供している人は自分を振り返り考え方や仕事の仕方を改めるか、自然と職場を去っていくことになるのです。

自国の成り立ちさえ知らないようでは、国際人としては相手にされません。

私だって一個人、一経営者として財が欲しかった。しかしただ財を取るだけなら誰でもできると思って、その正しい手段を考えていました。それからもう一つは、手当たりしだい売上にこだわる会社にはしたくなかった。いろいろな会社を見てきて、あんな会社にはしたくないという会社がいっぱいありました。

仕事でも人生でも、上手くいかないことがあるのは当たり前です。思い通りにならないからといって、すぐにへこんだり投げ出したりするのは、ただのわがままです。もしそういう気持ちになったときは、「いま自分は試されている」と思って、とるべき行動を考えて欲しい。

ゲームには「勝つための戦略を考え、それを実行する。失敗や成功を繰り返すうちにコツをつかみ、スキルが上達していく」という、「目標設定」と「達成」の繰り返しがあります。そして目標を達成した時、「達成感」が得られる。現実の世界では、「目標設定」と「達成」を繰り返して「達成感」を得るのに、ある程度の時間がかかります。しかしゲームの世界では、この「達成感」を短期間で、しかも楽しく得ることができる。「自分が選んだ戦略は正しかった」「やるたびにスキルがどんどん上達する」と感じ、喜びや快感を得る。ゲームの偉大さはそこにある。ゲームは、実は人生の縮図なんです。

07年にこのままではダメだということで、僕が直接アメーバの事業をやることにしました。僕が社長で、一番重要な事業はアメーバだと言っていたのですが、それまではアメーバを人に任せていました。当社はもともと広告代理店で、アメーバはメディア事業。会社としてメディアにシフトすると言っているのに、人任せでは何も変わらないことに気がついて、自分でやることにしたんです。

ページの先頭へ