藤本秀朗の名言|経営者には胆力が絶対に必要だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者には胆力が絶対に必要だ。


藤本秀朗 の経歴

藤本秀朗、ふじもと・ひでろう。東証一部上場の家電・通信機器メーカーのユニデンの創業者。日本大学卒業後、ツルミ貿易入社、6年間実務経験を積んで独立しユニデン創業

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社が共同研究・開発をしている相手の数は100以上にのぼります。こうした相手から「こういったものがあれば、こういったことが解決できる」というアイデアや要望を聞いて、情報を収集します。

私の場合は、相手が誰であっても、自分の柔道を貫くという基本姿勢があります。相手のよさを消すのではなく、自分のよさを最大限出し切るのが私のスタイルです。

お金の話で古い常識にとらわれると、買うべきでない金融商品に手を出したり、不要な保険に加入したりして資産を減らしてしまう危険があります。生活者としてバランスよくお金の知識をつけること、そしてその情報をアップデートしていくことが大切。

足りないものに焦点を当てるより、自分にできることを足元から積み上げていく方がいい。

厳しい環境で揉まれない限り、ハングリーな魂なんて身につかない。

僕は縁あって、日光金谷ホテルでは顧問として、京都の下鴨茶寮では経営者として、プロデュースに携わっています。ホテルと料亭という違いはありますが、事業の根本は同じです。まずはそこで働いている人たちが、自分の職場と仕事に誇りを持ち、それぞれの立場でお客様をいかに幸せにするかを考えて、それに最善を尽くせるようにするだけです。

経営者をしていると、前年と今年、あるいは今年と来年、というふうに、2年分の手帳を開いて考える機会が多くあります。ですから私は、昨年のものと今年のもの、来年のものの3冊を常に手元に持っています。

ページの先頭へ