藤本秀朗の名言|他人に嫌われてもいいから信頼される男になれ

普段から、相手に嫌なことを言って、人から煙たがられることをいとわない性格になれ。人に好かれるだけでは大将にはなれない。他人に嫌われてもいいから信頼される男になれ。

藤本秀朗 の経歴

藤本秀朗、ふじもと・ひでろう。東証一部上場の家電・通信機器メーカーのユニデンの創業者。日本大学卒業後、ツルミ貿易入社、6年間実務経験を積んで独立しユニデン創業

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

まちおこしというと、イベントをやったり、新しい商品をつくったりするのがよくあるパターンです。でも、我々にはそんなことをするお金はありませんでした。だから代わりに、話題をつくったんです。この街には「富士宮やきそば学会」という組織があり、「やきそばG麺」と呼ばれるメンバーが、手弁当で市内のやきそば店の調査活動をしている、と。

先月の売上を議題の会議の場合、売上が落ち込んだとき多くの会社では「なぜ売上が落ちているのか」を議論しがちです。つまり原因を究明しようとするのです。でも、原因を探っても出てくるのは言い訳、もしくは他人への責任転嫁です。大事なことは「なぜ=WHY」をやめて、「どのように=HOW」で考える会議に変えるのです。ただただ解決策を話し合うのです。

ナルバエス戦では拳の圧力で手の甲の関節が悲鳴をあげ、脱臼していたらしいんですよ。結局、脱臼したところを手術することになって、完治するまで丸1年もかかったんです。手術して、初めはギプスで固定してましたから、もやもや感はあったんですけど、lか月を過ぎたあたりからは気にしても仕方がないと思い、左手一本の練習とか、できることをやるようにしていったんです。

ダイエットというと、多くの人はジョギングやジム通いのような「普段していないこと」か、禁酒や炭水化物ダイエットのような「普段の習慣や好物を完全に断つこと」から始めるでしょう?でも、普段していないことは、普段していることに押しつぶされてしまうんです。人間、これまでの自分を否定するのは難しいですから。

僕の場合、ある程度の余裕を持って、セリフを覚える時間が欲しいタイプ。これだけ覚えるには3日かかるだろうと思えば、その前後のスケジュールを先に聞き、3日前には台詞を覚え始められるようにします。そうやって準備を入念におこなうことで、ピンチにならないようにしているわけです。

目標を真剣に精緻に作ることによって、何を学び、何を考えるべきかがはっきりと見えてくる。

ビジネスの世界は、究極的には人間関係で成り立っています。

敗戦後、いろいろな新しい考え方が日本に入ってきました。結果、従来の体制の多くが否定され、日本の伝統的な武士道、儒教の精神といったものが重視されない時代になっています。それらをすべて肯定する必要はないのですが、自分の道を見つけるためには、まず過去から学ぶことも大切なのです。

やっぱり、行動なんですよ。どんなことでも頭の中で考えてばかりいないで、まずやってみることなんです。

学問には平坦な大道はない。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦を厭わない者だけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがある。

ページの先頭へ