藤本秀朗の名言|歴史を学ぶことの大切さ

歴史の本を熟読することも大切だ。人間というものの本質が分かる。織田信長などの戦国時代ものも面白いが、私は直近の日本の歴史についてよく学べと教えている。第二次世界大戦、大東亜戦争がなぜ起きて、どういう経緯でこうなったのか。その遠因が日露戦争にあったとすれば、日露戦争のときに乃木希典大将はどう戦ったのかということを、歴史を通じて学んでおくことは、会社の経営を預かる「大将」にとって非常に重要である。

藤本秀朗 の経歴

藤本秀朗、ふじもと・ひでろう。東証一部上場の家電・通信機器メーカーのユニデンの創業者。日本大学卒業後、ツルミ貿易入社、6年間実務経験を積んで独立しユニデン創業

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分が手掛けている仕事の将来価値を冷徹な知性と論理によって吟味し、見限るべきものはなるべく早く見限り、過去にこだわってはいけません。そして、自分はこうしたい、これがやりたいということを強く前面に押し出していくのです。そういう人間だけが、変われるのです。

小林喜光の名言|変わるために過去の仕事はこだわらず捨てる


本田宗一郎、藤沢武夫の特長とは何かといえば、ひとことで言って、エキスパートであるということでしょう。面倒見のいい管理者タイプでは決してありません。本能と直感で動きます。こういう人間は、世間一般の組織図で固められた集団の中では生きられないのです。せいぜい出来の悪い管理者になって、才能をすり減らしてしまうのが落ちでしょう。しかし、エキスパートを活かせない限り、ホンダがユニークな企業として発展することはできません。

藤沢武夫の名言|ユニークな企業として発展するには、エキスパートを活かせる体制を


私は入社後の短い期間を除き、一貫して間接部門を歩んできました。特定の事業や技術にどっぷりつかっていないのは私の強みです。主要顧客の電子産業が激変しており、我々も変わらなければなりません。中井(稔之)会長はしがらみのない私に変革を期待してくれたのだと思います。

門田道也の名言|しがらみがないのが強み


世の中に貢献するサービスをしっかりつくること、その結果として弊社が儲かること。そういう順番です。

南場智子の名言|事業の順番


製品開発では失敗事例にヒントがあるが、経営では成功事例を研究すれば応用できる。経営幹部を育てる場合も、早い段階から目を付けて、いい経験をたくさんさせることが重要。

酒巻久の名言|成功事例を研究すれば応用できる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ