津賀一宏の名言|トップの務めとは

私は、パナソニックが大きなポテンシャルを持っていると信じている。ポテンシャルを時代の要請にどうマッチングさせていくのか。どの分野で、どんな組織構成で、どう動けばよいのか。この答えを皆に示していくことが私の役割だ。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

せっかくいい情報に接していても、感じ方の鋭い、鈍いという能力の問題はありますが、常に現場に出て、いろんな経験をしていると鍛えられれ、生きた情報に敏感になります。

岡藤正広の名言|情報に対する勘は現場での経験で鍛えられる


右肩上がりは経営者が目指すべきもの。新しい試みへの挑戦はブランドの鮮度を保つためでしょう。

上野金太郎の名言|新しい試みへの挑戦はブランドの鮮度を保つ


経営者の判断について、情報共有することが大切です。戦略についても理論に従って、きちんと説明すればわかってもらえます。「この調査の結果に基づいてこう判断した」と説明すれば、共感しやすい。一番伝わりづらいのは、直感的な判断です。「これからはこれが流行るぞ」なんていっても「本当か?」と思いますよね。直感ではなく、ファクト(事実)ベースの理論とデータに基づく判断でなければなりません。その説明さえしっかりしていれば、いろんなことを思う人もいるでしょうが、気持ちは別として頭では理解できると信じています。

星野佳路の名言|理論に従って説明することの大切さ


デザインとは、一言でいえば整理すること。まずゼロにして足して、一歩引いてまた足していく。デザインは、ファッションだけではなく、すべてに通じるものなのです。

コシノジュンコの名言|デザインとは、一言でいえば整理すること


今回の映画『きみはいい子』は、「自分が存在している、そこに手を差し伸べてもらえる幸せ」について、改めて考えさせられました。私が多くの出会いに支えられたように。何にでも答えを求めたがる今の時代にも「答えのないものがある」ことに気づけるような作品です。

尾野真千子の名言|何にでも答えを求めたがる今の時代にも「答えのないものがある」


営業する際は相手の大切にしているものを大切にしましょう。企業理念、会社の価値観はきちんと押さえましょう。お客様の感性に合わせた話し方、言葉選びを心がけましょう。

野部剛の名言|お客様の感性に合わせた話し方をすることの重要性


たとえばミーティングがあるときには、話すことをきちんと考えていく。世間話はほとんどしない。とくに気心の知れた仲間とのミーティングではね。どこの清算が遅れていてどの経費が高すぎるとかを話し合って、話が終わればそれで終わりにする。1日24時間では処理しきれないほど難問があるのだから、無駄にしている暇はない。

ビル・ゲイツの名言|時間を無駄にしている暇はない


従来から私たちは、顧客企業の業績向上に寄与したいと考えてきました。美容院に対しては、営業担当が「来店頻度が2ヶ月に1回のお客様には、カットやカラーの安いプランを入れて、1か月後に来てもらいましょう」などと提案しています。今後は、データの分析を通じて、こうした提案力を高めていきます。

峰岸真澄の名言|顧客の業績向上を考えることの大切さ


いま企業は新しいパラダイム、環境変化に応じたものへ、仕事の方法、考え方を変革していかなければ生き残れない。そこに求められるのは、顧客の立場に立って企業全体の総点検をすることだ。

村田昭治の名言|顧客の立場に立って企業全体の総点検をする


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ