津賀一宏の名言|トップの務めとは

私は、パナソニックが大きなポテンシャルを持っていると信じている。ポテンシャルを時代の要請にどうマッチングさせていくのか。どの分野で、どんな組織構成で、どう動けばよいのか。この答えを皆に示していくことが私の役割だ。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

歳を重ねることは決して悪いことじゃないと思っています。危機を察知し、回避する能力というのは経験しないと養われません。実際、私は乗馬中に崖から落ちたことがありますし、ダイビングや車の運転中にも危険な場面に遭遇しましたが、この危険を察知・回避することで、今まで死なずに済んだのだと思います。これが若い頃なら助かってなかったと思うことが多々ありました。

椎名誠の名言|歳を重ねることは決して悪いことじゃない


失敗しても、周りの反応を見ながら修正するのです。プレゼン術もPDCA(計画、実施、検討、対処)サイクルで改善すればいいのです。日ごろのリハーサルやイメージトレーニングがものをいいます。準備や練習をしないと無駄なことばかりしゃべってしまい、周りから疎まれます。この準備や練習も、相手に対する配慮なんです。

野田稔の名言・格言|プレゼン術もPDCAサイクルで改善する


偉大な先人の思想に触れることには、理論という骨に肉を与える役割がある。

猪木武徳の名言|偉大な先人の思想に触れることには、理論という骨に肉を与える役割がある


私たちもハウステンボスでは、随分失敗をしました。最初は価格を下げればお客様が増えるだろうと考え、入場料を安くしました。ところが、値下げをしても客数は増えない。思い切って夕方以降は無料にしてみましたが、それでも増えませんでした。この試みは大失敗だったわけですが、そこで失敗の理由を考えた。航空券やツアーは安くすれば喜ばれるけれど、テーマパークではそうではない。では、本当にお客様に喜んでいただけるものは何だろうか。そう考えながら、失敗を糧にさまざまな新しい挑戦をしました。

澤田秀雄の名言|失敗を分析して対処法を考えることが大切


私の好きな言葉は、「意志あるところに道は開ける」。この言葉を胸に、今後も人の可能性を掘り起こす教育に尽力していきたい。

東英弥の名言|今後も人の可能性を掘り起こす教育に尽力していきたい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ