津賀一宏の名言|研究者からマネジメントへ

研究というのは、かなり頭が柔らかくないとできない。理論的なものに関しては特にそう。私の感覚では30歳くらいまでがピーク。私は30歳くらいからマネジメントへシフトした。優秀な若い技術者の方々をマネージするのが、自分としては一番楽しかった。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自由な人が考えるのは、ほかならぬ死についてである。そして彼の賢明さは、そこから死ではなく、生について熟慮を始めることだ。

スピノザの名言|死を考えることで、人生の大切さがわかる


どんな人にも「好き好きオーラ」を出すと、心を開いてくれる。

篠原ともえの名言|どんな人にも「好き好きオーラ」を出すと、心を開いてくれる


リーダーは作業を持ってはいけない。リーダーが本来やるべきなのは、他人を動かして作業をしてもらうこと。

小倉広の名言|リーダーは作業を持ってはいけない


そんなに今の仕事に力を入れたいのなら、君が社長になったときにやればいい。でも、私が社長のうちは今のままでいく。

横河正三の名言|君が社長になったときにやればいい


うっすらとでも知っておくのと、まったく知らないのとでは、雲泥の差があると思っています。

村上太一の名言|うっすらとでも知っておくのと、まったく知らないのとでは、雲泥の差があると思っています


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ