津賀一宏の名言|すべて一人でやらなければいけない状況に身を置くことの利点

大きな転機になったのが、27歳での米国留学です。海外では会社という組織から離れ、すべて一人でやらなければならない。それも言葉が通じない。渡米した当初は英語をしゃべれなかったから。それでも苦労しながら大学院で修士号を取ったことは自信につながりました。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

記憶にせよ勉強にせよ、「なぜ自分がそれをやるのか」という目的、つまりゴールを明確にする必要があります。それが大前提であって「何となく、やらなきゃ」という漠然とした焦りからスタートすると、せっかくの努力も報われないと思います。

西内啓の名言・格言|努力する前にゴールを明確にする


毎回真剣勝負でやらないと勝ち上がれない。

佐藤可士和の名言|毎回真剣勝負でやらないと勝ち上がれない。


リーマンショックを契機に、もう一段会社が強くなった。

小林道寛の名言|リーマンショックを契機に、もう一段会社が強くなった


自衛隊では、「私心をなくせ」とよく教えられるのですが、それはなかなか難しい。私も入隊したてのころは、私心を捨てることができないと真剣に悩んだものです。30代半ばに、私心を捨てるのは無理だと悟りました。そうではなく、自ら私心を認めたうえで、少しでも多くの国家・国民のことを考えようと発想を変えたのです。

田母神俊雄の名言|私心を認めたうえで、少しでも多く国家国民のことを考える


地方にとって大事なのは企業。国の補助金だけではありません。企業家精神の塊のような人が求められています。

竹中平蔵の名言|地方にとって大事なのは企業


その仕事がモノになるかどうかは才能云々の前に、「本当に好き」であるかどうかも重要。「好き」という時点で、すでに才能や適性があるのだと思う。

佐藤優の名言|「好き」という時点で、すでに才能や適性がある


当社には各カテゴリーでナンバーワン商品が多数あります。いずれも常に改良を繰り返してロングセラーになっているものばかりです。

川端克宜の名言|常に改良を繰り返す


我が社は、戦略なき多角化と資産効率の悪さからアナリストや投資家にそっぽを向かれた。いつM&Aされて事業解体されてもおかしくない状況だった。そんなとき、専務として管理・企画部門を統括するようになった私は、これはチャンスだととらえていました。危機感が漂い始めた時なら改革に対するコンセンサスが得やすいからね。

吉川廣和の名言|危機感が漂い始めた時なら改革に対するコンセンサスが得やすい


定められたマナーを守り続けることが最良ではありません。会社も人間も生き物。絶えず振り子のように揺れ続けなければならない。

堀威夫の名言|絶えず振り子のように揺れ続けなければならない


英会話学校や西友などの経営に携わってきました。その中で分かったのは、自分の意見を持ちつつ現場の人の意見を聞くことの重要性でした。

野田亨の名言|自分の意見を持ちつつ現場の人の意見を聞くことの大切さ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ