津賀一宏の名言|メーカーがイメージしているお客様が求めるものと、実際のニーズのズレ

メーカーがイメージしているお客様が求めるものと、実際のニーズとがズレてきている。これは各社共通です。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営を取り巻く環境がいくら厳しいといってもヒントはあらゆる場面に潜んでいるんです。それを私は「気づき経営」と言っています。「気づき経営」を実践していれば自然と会社は変わるし、人生だって変わるのです。

川西修の名言|ヒントはあらゆる場面に潜んでいる


正論だけでは人を説得できず、相手の気持ちを考慮した話し方が重要。

松村清の名言|正論だけでは人を説得できず、相手の気持ちを考慮した話し方が重要。


最近の日本の企業経営を見ていて気になるのは、短期の成果を求めすぎていないかという点です。例えば四半期ごとの数値目標にばかりとらわれ、実績を上げようと躍起になる。すると、社員も経営者も焦り、慌てるばかり。それで結局、人材は育たず、業績は長期的に落ちてしまう。時として無茶な経営にも手を出しかねません。

野田順弘の名言|短期の成果を求めすぎていないか


強調したいのはハードはあくまでも顧客にサービスを提供する際の一つのインターフェース、入り口である、ということです。我々のハードを入り口にして、役立つサービスを顧客が享受できる世界を作っていきたい。

楊元慶の名言|ハードはあくまでも入り口


中古厨房機器の販売が成功して、いろんな中古販売に手を出しては失敗。どうやら中古じゃなくて飲食にビジネスセンスがあったんだね。それで飲食店の不動産や人材派遣、内装……と仕事の幅を広げ、いまは飲食店の再建に取り組んでいるよ。

森下篤史の名言|どうやら中古じゃなくて飲食にビジネスセンスがあった


成果が出ていないけれど認めてくれというのは、いつの時代でも通用しません。そんなことを許していたら、組織が存続し得なくなってしまいます。人間は自分のことは過大評価しがちなので、そういう不満を持つ人は少なくないのかもしれませんが、認めて欲しいなら、まずは仕事で結果を出すべきです。

鎌田和彦の名言|認めて欲しいなら、まずは仕事で結果を出すべき


強力なブランドを構築するためには時間がかかる。もちろんセンスも必要。そして、新しいものをつくるよりも、歴史や伝統を再発見することが近道になる。

小池百合子の名言|歴史や伝統を再発見することが近道になる


段ボールをはじめとする紙による包装は、物流、ひいては経済活動を支える大切な資材です。しかし、やはり包装する中身の商品の方に注目が集まり、包装材は副資材などと呼ばれてしまう。それではいけないと、長い時間をかけて取引先の皆様にもご理解いただけるように努力してきました。業界内部でも自虐的に考える向きが多いのですが、業界そのものの価値を高めなければいけないと考えています。

大坪清の名言|業界そのものの価値を高めなければいけない


短距離走はわずか10秒で終わります。けれど準備の冬期練習10か月前から始まる。裏を返せば、身体づくりも戦術も時間をかけ、じっくり積み上げなくてはなりません。本番直前にジタバタしたところで「勝負は決まっている」んです。

朝原宣治の名言|本番直前にジタバタしたところで「勝負は決まっている」


全体最適を貫こうとすると、必ず、部分最適論をもち出して反対する人が出てきます。しかし、成果を出すためには、本質の部分を譲らない覚悟をもつことが必要なのです。

坂根正弘の名言|成果を出すためには、本質の部分を譲らない覚悟をもつことが必要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ