津賀一宏の名言|メーカーがイメージしているお客様が求めるものと、実際のニーズのズレ

メーカーがイメージしているお客様が求めるものと、実際のニーズとがズレてきている。これは各社共通です。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の経営の基本コンセプトは、みんながハッピーで楽しく仕事したいという会社をつくることです。そして世界中にファンや親友をつくることです。国によって違う制度や慣習を学びながら、人種も肌の色も年齢も越えて友達の輪を広げていこうと思っています。コスモポリタン(世界市民)としての日本人を世界にアピールしていきたいです。

ものごとに対する感度が合わない人っていますよね。たとえば、自分は仕事が速いとすると、コツコツ慎重に仕事を進める人はどうも性に合わないと考えがちです。もっと速くやれよとイライラするかもしれない。でも自分と感度が合わない人とか、仕事の仕方が違う人は苦手とは違うんです。むしろ、チームの中に入れておかなきゃいけない人なんです。同じように、自分は酒が飲めるから、飲めない奴は苦手と思ってはいけません。それは単なるスタイルの違い。好きだと思って接していれば慣れてきます。

私は興味があることは何でもひととおりやってみて、それから向き不向きを判断する方なので、これは違うと思ったらすぐやめるし、やめたら投資したお金や時間が無駄になるという発想もありません。ただし、無駄になる勉強はないと思います。

人は何かひとつのことに気狂いにならなければ、とうてい人並み以上にはなれない。

いずれニューヨークやミラノ、パリにも出店したいと考えています。これも自分の野望のためではなく、世界に通じる料理人を育てたい思いからです。

どうして上司と部下がかみ合わないのか。そうした問題意識を持ってコンサルティングしていくうちに、「かみ合わない原因は、仕事のやりがいやゴールのイメージが違うからではないか」という仮説にたどりつきました。根本的な職業観が異なっているため、お互いに山頂目指して努力していても、そもそも登る山が違っており、ズレが生じるのではないかと考えたのです。

利益を上げれば次の投資や開発につながるから顧客のためになるし、最後は自分たちの給料にも跳ね返る。そのためにも、ムダはなくさないといけない。ムダは悪だというくらいの気構えが必要です。

経営陣の引き継ぎに際し、何らかの形式を持ち込んでしまうと、本当は実態と違う状況になったとしても、形式がこうだからということで間違った選択をしてしまう危険性がある。大事なことは経営者自身が自分の頭で考えろということ。

人はリラックスするとアイデアを出しやすくなるものです。本題に入る前に会議の場を温め、空気を和らげておくと縮こまっていたはずの人から、意外なほどいい意見が出てくることも多々あります。

企業と研究者をマッチングすると、そこでインスピレーションが生まれる。

ページの先頭へ