津賀一宏の名言|メーカーがイメージしているお客様が求めるものと、実際のニーズのズレ

メーカーがイメージしているお客様が求めるものと、実際のニーズとがズレてきている。これは各社共通です。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

物事を別の観点から眺めることを、専門用語で「リフレーミング」といいます。リフレーミングは、幸福とも深い関係があります。わかりやすい例では「初志」。最初の頃の志を思い出すと、すごく幸せ感が高まります。結婚生活がマンネリ化した人も、新婚時代のビデオを見ると、幸せ感が戻ったりする。仕事で行き詰まって悩んだとき、入社時の希望に満ちていた頃を思い返すと幸福感が戻ってはきませんか。「ウェルビーイング(幸福感)」がものすごく復活するというのは、リフレーミングの大きな利点です。

池谷裕二の名言|幸福感がものすごく復活するというのは、リフレーミングの大きな利点


人脈という言葉を聞くと、交換した名刺の数や、知り合いの数をイメージする人も多いと思います。しかし、ただ会ったことがある、名前だけは知っているという関係は人脈とは呼べません。私は人脈とは「自分のことが何らかの形で相手の記憶にインプットされていて、いざというときに自分のことを思い出して声をかけてもらえる関係」のことだと考えています。きっかけさえあれば自分を思い出してもらえるような関係を人と保っておくことで、訪れるチャンスの数を飛躍的に増やすことが可能になるのです。

岡島悦子の名言|役に立つ人脈の定義


人材・組織戦略については、社員の潜在能力を人事部門が見分けることができない問題もあります。それで人材が社内にいないからと、外から引っ張ってきて失敗するのです。やはり社内で継承されてきたノウハウやDNAは重要です。それを教え込みながら明示化し、多様な事業モデルに対応できるようにしていく必要があります。

尾平泰一の名言|自社内のノウハウやDNAを大切にする


突き抜けたモノをもった社員であれば、会社も簡単には異動させにくいはずです。捨て駒として使われるようなことはなくなる。会社にぶら下がって生きていこうとしたところで、明るい未来はないはず。それなら、自分の能力を活かすための場として、会社を利用してやるくらいの意識をもつことが大事です。

夏野剛の名言|会社に捨て駒にされないためには


相手が反対の議論を吹きかけてきたときも、すぐに拒絶反応を示さず、平静にしばらく黙っています。そのうち相手は張り合いがなくなり、やや話し方がおとなしくなってくるでしょう。そこでさらに、「わかりますよ、もう少し続けてください」と促します。すると、相手はますますおとなしくなり、「こういうことを知ったら、あなたも私の言うことに同感されるでしょう」とやや妥協的になってきます。ここで初めて聞き役から話し役に回り、穏やかに話せば、相手も聞く耳を持ってくれます。

守谷雄司の名言|議論を吹きかけられたら、しばらく静かに黙って聞くことが有効


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ