津賀一宏の名言|一番赤字が減る選択を

パナソニックは、まず大きな設備投資をし、工場の稼働率を上げて収益を上げていくというビジネスモデルを描いていた。しかし、価格低下が甚だしく、材料の調達コストもかかりすぎている。結果、売れば売るほど赤字が膨らむ、という構図になっていた。そこで、一方の軸にテレビセットとテレビ用パネル、もう一方の軸にプラズマと液晶を置いた2×2のマトリックスを設定し、それぞれの象限ごとに赤字が最も減るようにしようと考えた。全体最適とは逆の考え方です。プラズマテレビであれば、売らないというのが一番赤字が減る選択。そこで、「もう出荷するな」と言った。同時に、開発部門には、「出荷しても利益が出るようなテレビに設計し直せ」と。液晶もテレビ用以外の、おカネが取れるパネルを造ろうと。そうやって1年かけて転換していった結果、2100億円の赤字を860億円まで下げることができた。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

初めから「これはいいに違いない」という「そのまんま魅力的な戦略」は、みんなが同じことをやるから、結局のところ違いを作ることができない。差をつけるならば、同業他社が「そんなバカな」と思い込んでいることをやるしかない。

自分のことばかり考えてはいないだろうか? 奪う人、支配する人、逃げる人、これらの人は幸せになることができないだろう。

創業時の「わけあって安い」は、安くてシンプルで品質が良いという、成熟化の過程に合ったコンセプトでした。これをベースに持ちながら、コンセプトを見直し続けています。

自分のいる環境に不満を持っていて、何とか這い上がろうとしている人たちのハングリー精神はすさまじい。

最初から大手チェーンを展開することを目指していたので、従来の店とは違った新しい市場を開いていかなければ、我々が進出する意味がないと思っていました。

昔は周囲と呼吸が合わない人は孤立するしかありませんでした。でもネット時代は、「このコミュニティではダメだけれど、あっちはよさそうだ」とマッチングができる。能力がなくてあぶれる人はどうするのかという話があるけれど、ネット時代ならそういう人も自分が輝ける場所や呼吸の合う場所を見つけやすい。

いまの時代はトップ自らの勉強が大事です。そしてものごとをじっくり考える時間が必要です。

人生には一度か二度は、自分の進退を賭けた勝負をしなくてはいけない場面がある。

ダイエットにおいて本当に大事なのは、「どうやるか」ではなく、「なぜ太ってしまったのか」という原因を見つけることです。仕事でも、何か不具合があればまず原因を突き止めてから対策を立てます。それと同じです。

目標を達成できたから偉いわけでもなく、達成できなかったからダメでもない。目標を立ててそこへ向かっていくというのは人生の喜び。

ページの先頭へ