津賀一宏の名言|一番赤字が減る選択を

パナソニックは、まず大きな設備投資をし、工場の稼働率を上げて収益を上げていくというビジネスモデルを描いていた。しかし、価格低下が甚だしく、材料の調達コストもかかりすぎている。結果、売れば売るほど赤字が膨らむ、という構図になっていた。そこで、一方の軸にテレビセットとテレビ用パネル、もう一方の軸にプラズマと液晶を置いた2×2のマトリックスを設定し、それぞれの象限ごとに赤字が最も減るようにしようと考えた。全体最適とは逆の考え方です。プラズマテレビであれば、売らないというのが一番赤字が減る選択。そこで、「もう出荷するな」と言った。同時に、開発部門には、「出荷しても利益が出るようなテレビに設計し直せ」と。液晶もテレビ用以外の、おカネが取れるパネルを造ろうと。そうやって1年かけて転換していった結果、2100億円の赤字を860億円まで下げることができた。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

フジテレビの新入社員にも志と情熱、そして夢を持って仕事に取り組んでほしいと常に言っています。そうでなければ、社員一人一人の覇気がなくなってしまうでしょう。そして、テレビという媒体を通して、視聴者に喜びを与える仕事はできません。

日枝久の名言・格言|志と情熱と夢がなければ、視聴者に喜びを与える仕事はできない


経営の原則はやはり、多種な情報と現場を分かっている人間がものを決めるということに尽きるのです。

中野健二郎の名言|経営の原則は現場主義


どんなに記憶に残る演技でも、「求められる要素」を盛り込まなければ加点されません。ビジネスの現場と似ている点かもしれませんが、重要なのは「統計データ」です。戦略を練る際、「技の成功率」や「点数が取りやすい技術」など、あらゆる統計データを取って考えます。例えば、「誰がどの技で結果を残したのか」というデータを見ながら、自分の持ち技で、どう戦えるかと考える。難易度の高い技に挑戦して失敗した時に、手元に残る点数も計算しながら、様々な場面を想定します。

荒川静香の名言|重要なのは「統計データ」


経営側が総力をあげてモチベーション向上に取り組んでいくと、社員が自発的に考えるようになります。自ら考え、求め、ワイガヤで頑張っていく会社こそ、世界に貢献できるコミュニティーではないでしょうか。

永瀬昭幸の名言|モチベーションを向上させることの大切さ


もちろん自分のすごさを誇示して成功している人もいます。でも、そういう人の周りに集まってくる人って、依存したい人ばかりです。だから、本人は頼られて相当しんどいはずです。一見成功してるように見えても、内面はボロボロという人も多いですし、なにより急激な環境変化にそういう人はすごく弱いのです。

武田双雲の名言|自分のすごさを誇示して成功することのデメリット


起業して一番意識が変わったのが「会社はキャッシュがなくなれば倒産」ということです。当たり前のことですが、日本生命という大企業で過ごすうちに、そんな当たり前のことを実感できなくなっていました。ニッセイの資産は兆にのぼる金額ですし、社内資料ではすべて10億円単位で記載されています。そんななかで、大きい数字に慣れてしまって、当事者意識をもって実感できなくなっていました。

森正文の名言|大企業で過ごすうち実感できなくなった当たり前のこと


時代の変化に対応するために、基本的には自社でモノを持たない経営を貫いてきました。

志太勤の名言|自社でモノを持たない経営を


老後資金の減りをなだらかにするポイントは3つ。「家・身体・収入」です。持ち家があれば、固定資産税とわずかなメンテナンス費用のみで済みます。健康を維持できていれば、医療費も大幅に減らせます。あとは、少しでも長く働いて収入を得続けること。身体を大切にして、65歳以降も元気に働ければ万全です。

八ツ井慶子の名言|老後資金の減りをなだらかにする3つのポイント


かつては、自分の志向性に合う仕事を見つけるのは、至難の業でした。だから、やりたいことよりも、社会を上手に生きる処世術を身につけることにみんな一生懸命だった。でも、いまはネットというインフラが整備されたおかげで、自分の志向性を活かせる仕事と出合える機会は圧倒的に増えました。

梅田望夫の名言|ネットにより自分の志向性に合う仕事を見つけられる機会が増えた


危ないから壊して捨てる。この処方箋はとてもわかりやすいもの。しかし、そのわかりやすさや早急さに引っ張られ、僕ら庶民が自分の頭で考えることをやめてしまうのは最もいけないことだと思う。

吉本隆明の名言|わかりやすさや早急さに引っ張られ、自分の頭で考えることをやめてしまうのは最もいけないこと


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ