津賀一宏の名言|一番赤字が減る選択を

このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは、まず大きな設備投資をし、工場の稼働率を上げて収益を上げていくというビジネスモデルを描いていた。しかし、価格低下が甚だしく、材料の調達コストもかかりすぎている。結果、売れば売るほど赤字が膨らむ、という構図になっていた。そこで、一方の軸にテレビセットとテレビ用パネル、もう一方の軸にプラズマと液晶を置いた2×2のマトリックスを設定し、それぞれの象限ごとに赤字が最も減るようにしようと考えた。全体最適とは逆の考え方です。プラズマテレビであれば、売らないというのが一番赤字が減る選択。そこで、「もう出荷するな」と言った。同時に、開発部門には、「出荷しても利益が出るようなテレビに設計し直せ」と。液晶もテレビ用以外の、おカネが取れるパネルを造ろうと。そうやって1年かけて転換していった結果、2100億円の赤字を860億円まで下げることができた。

津賀一宏 の経歴

津賀一宏、つが・かずひろ。日本の経営者。パナソニック社長。大阪出身。大阪大学基礎工学部生物工学科卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。カリフォルニア大学サンタバーバラ校コンピュータサイエンス学科修士課程修了。松下電器マルチメディア開発センター所次長・所長、パナソニックAVC社AVネットワーク事業グループAVCモバイル・サーバ開発センター所長、役員デジタルネットワーク・ソフトウェア技術担当、海外研究所担当、デジタルネットワーク事業戦略室担当、常務役員、オートモーティブシステムズ社社長、パナソニック専務などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ名言

ページの先頭へ