渋沢栄一の名言|善人と悪人を分けるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

悪いことの習慣を多く持つ者は悪人となり、良いことの習慣を多くつけている者は善人となる。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

従業員が元気で、その気になって頑張ってくれれば、必ず夢は実現できるものです。

投資するときに注意しなければいけないのは、景気の流れです。かつては、景気の良いときと悪いときが比較的分かりやすい形で順番にやってきましたので、一度チャンスを逃しても、また次のチャンスがやってきました。スポーツにたとえるなら攻めと守りが交互にやってくる野球型といえます。しかし現在は、いつチャンスがやってくるか分かりません。守りから急に攻めに転じなければならないこともあります。いってみればサッカー型に変化しているのです。景気の流れの変化に敏感に対応し、資産の組み替えもその時々で検討すべきでしょう。

投資家がいろいろ言おうが、関係ない。投資家の目を気にし過ぎる風潮が世間に広がっているのは、新しい時代に挑戦するという自信を経営者がもっていないからですよ。

関連本をとにかくありったけ買う。それを片っ端から読んでいくと、原典というか、本当にしっかりした「教科書的な本」に出合うんです。他の本はすべてその本を参考に書かれていることがわかる。孫引きみたいな本はどうでもよくて、教科書的なタネ本を2~3冊、それさえちゃんと読めば、全体がわかる。

国内で駄目だからと海外に出て成功した企業は、おそらく古今東西ありません。両方大事なのですが、より力を注がなければいけないのは厳しい環境にある国内事業なのです。時間をかけずに大きな改革をしなければいけないと思っています。

ブームを終わらせないために、ブームを大きなトレンドにしていく必要がある。日本人のライフスタイルに影響を与えるようなトレンドにすればブームが終わらない。

販売あるいは企業間における競争の問題は、言うまでもなく占拠率の競争である。したがって、ランチェスター法則の企業間競争における適用というのは、主として占拠率というものをどのように考えていくかということ。またこの占拠率を上げていくためには、どのような戦略ないし考え方がその前提になってくるか、ということに向けられてくる。その意味でランチェスター法則とは、すなわち占拠率の科学であるというように解釈していただいてもよい。

ページの先頭へ