知識賢治の名言|40代は自分にとって何が大切で、何が大切ではないかを明確にすべき年代

このエントリーをはてなブックマークに追加

40代は自分にとって何が大切で、何が大切ではないかを明確にすべき年代です。その後の人生を大切なものだけに囲まれて生きていけたら、本当に幸せだろうと思います。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

長く微細に考えても、答えはせいぜい90点止まりでしょう。それよりも70点でもいいから短時間で1度まとめてみる。翌日また新鮮な頭で30分考えれば前日の答えより改善されるはずです。それを何度か繰り返せば、仕事全体の効率は確実にアップするはずです。

説明書や申請書などで、よく難解な表現にぶつかることがありますね。最後まで読んでも、何を言っているのか分からない。社内はもとより、お客様へお届けするメッセージも、分かりやすさを心がけることが肝要です。

ハードに働くのが好きな人間の元には、同じ倫理観の人間が集まってくる。

苦しみが私たちの生活に訪れてくるとき、微笑みをもって受け入れましょう。神が送りたまうすべてを微笑みながら受け入れる勇気は、神からの最も偉大な賜物といえます。

目標を設定する最大の意味は、その目標を達成することではありません。むしろ、適正水準の目標設定をすることにより、モチベーションを最大にすることの方が重要なのです。適正水準の目標設定が強固なモチベーションを発生させます。

「ナンバーワンになれないことには着手しない」。これが当社の事業ポリシーです。インターネットが広く普及した現代社会では、誰もが容易にサービスやモノを比較することができます。商品の比較が容易にできる時代の到来は、消費者が自分のお金を最も優れたサービスやモノに使うことができないと、不満を感じやすくなるということを意味します。すなわち、1番のサービスを提供していかなければ、消費者に心の底から喜んで貰うことはできません。

あらかじめ持っている先入観や情報を全部捨てて、正面からその対象に向き合うことが大切です。

ページの先頭へ