知識賢治の名言|優れたアスリートが道具を大事にするように、経営者は言葉を大事にしなくてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

優れたアスリートが道具を大事にするように、経営者は言葉を大事にしなくてはいけない。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

現代のビジネスパーソンに求められているのは、なんと言っても「問題解決」と「戦略策定」です。ルーチン作業だけをこなせばいい時代は終わり、そこに付加価値をつけなくては生き残れない時代になっているからです。

知識や見聞を広めるためには、あるときは人の意見を聞き、あるときは自分自身の力の限りを尽くして考え、あるときは書物も読まなくてはなりません。ですから、学問をするためには文字を知ることが必要なのですが、昔から世間の人が思ってきたように、ただ文字を読むことだけが学問だというのは大きな間違いです。

わからないことに悩み続けていても仕方がないので、少し走りながら考えて、方向性を見極めていくこともひとつの方法です。

理系には文章を最初から順番に書く発想はありません。全体の枠組みを決めたら、書きやすいところから文章を書いて、枠を埋めていきます。自分の最も主張したいことから書いてもいいし、データや事例といった客観的事実から書くのもいい。どちらにしても書きやすいところから始めれば、文章を書かなければいけないという心理的な負担も軽くなり、楽に作業に取りかかれます。

世の中も商品も常に変化し、商品サイクルがものすごく速いから、止まった瞬間に我々がつくった数字も過去のものになる。

運は生かさないといけません。

ビジネスパーソンとして重要なことは、常に自分の状態を安定させて、成果を出すこと。

ページの先頭へ