知識賢治の名言|目線の高い人と低い人の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトを進めるとき、他部署の人間と意見がぶつかったとします。そのとき、目線が低い人は、「理解してくれない相手が悪い」と考える。そして、「自分のやるべき仕事はやった」と勝手に満足するわけです。でも、私にいわせれば、それは相手に腹落ちさせられなかったことを相手のせいにしているだけです。目線が高い人は、あくまでプロジェクトを成し遂げるために、相手がわかってくれなければ、何度も話し合いを続ける努力をしたり、「ここはいったん引いて、別の機会につなげよう」と戦略を練ったり、ときには土下座するくらいのことをしてでも結果を出そうとするでしょう。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

買収で様々な相乗効果が生まれていることがわかっていても、社員たちがついてこないと仕方ありません。

女性の活躍は、社会政策でなく、成長戦略として捉えています。日本は人口減少の中で労働力が不足していく、もうダメじゃないか、と言われていますが、女性は日本に眠る最大の潜在力です。女性がその能力を開花させていくうえで様々な障害がありますので、それを取り除いていくための政策を進めていきます。

井戸の中の蛙は大海を知らないという諺があったようだが、大事なことは、この蛙が大海を知る可能性がないにしても、井戸の中にいる自分を、井戸の外から眺められることさえ出来れば、用はいくらか足りるような気もする。昨年の終りにアメリカに行った時、その蛙の私が井戸の外に出たような気もしないことはなかった。

すぐに結果を求めたがる人がいますが、それは無理な話です。だから最初のうちは、「こんなことをやって意味があるのかな」と感じたとしても、コツコツ続けるしかない。すると、時間がある臨界点を超えたとき、ブレイクスルーが起きます。成果は徐々に見えてくるものではなく、一気に見えてくるものです。

共通なロゴスに従うべきなのだが、ほとんどの人間は自分だけの智に頼って生きている。

企業は稼がなくてはいけない。今の日本の一番の問題は、企業が稼げていないことにあります。税率が高いのはけしからんとは思いますが、税金を払っていないのは、企業家としては罪だと思います。

これまでの良いところは継承しながら、変化すべき部分は変化していく。

ページの先頭へ