知識賢治の名言|逃げないこと・折れないこと・想い続けること

このエントリーをはてなブックマークに追加

「逃げないこと・折れないこと・想い続けること」が大切です。日々のなかで直面するどんな些細な問題にも真摯に向き合うこと。決してあきらめたり、投げやりになったりしないこと。「絶対にこれを成し遂げるのだ」という強い気持ちを保ち、努力を続けること。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企画会議などで、あらかじめひとつのゴールを想定して進行していくことは大切です。しかし、一方では自由奔放に拡散していくベクトルも必要です。理想的なのは、誰が提案したのかもわからないような議題の立て方をして、皆でどんどん意見を出し合う方法です。イメージとしては飲み会での連想ゲームです。最初はまともな議題だったのに、皆でワイワイ話しているうちに、出発点がどこだったかわからなくなるくらい連想が飛躍するような形です。

自営業であればブランドを築く。業種は何でもいい。シミ取りの評価が高いクリーニング店、離婚分野に強い弁護士というょうなブランドを築くことができれば単価が崩壊する中で、報酬を高く維持できる。

私たち弁護士にとって、依頼人とのやり取りや法廷の尋問で質問することが欠かせません。いわば弁護士は質問のプロです。それはたくさんの質問をしているだけではなく、目的を明確にしたうえで訓練をしているからです。たとえば法廷での尋問には、「依頼人にとって有利な情報を引き出す」という明確な目的があります。この目的を意識して実践を繰り返すから質問力が磨かれるのです。ですから、質問力を高めるためにまずやるべきなのは、自分にとっての質問の目的をはっきりさせることです。

トップから情熱がなくなったら、「ただそこにいるだけの人」だ。

クオリティを保つため、すべての過程において作業は標準化されなくてはならず、クルー(スタッフ)は全員、同じ教育を受ける必要があった。

「こうしなければいけない」という固定観念に縛られる必要はない。

人がモノを使うとき、ほとんどの場合は無意識です。例えば冷蔵庫の一番下の引き出しを閉めるとき、手ではなく、足を使う人も多いと思います。これも自己の経験観察から見出した事実です。無印良品の冷蔵庫のハンドルは細く、金属の線材を曲げただけであるかのような単純な形をしています。人はハンドルを形で認識するよりも前にすでにそのハンドルらしき線材を握っているのです。このような着想は、人の行為は無意識下で最も自然に行われる、という概念からくるものです。デザイナーが考えていることは人とモノと環境の自然な関係を読み取ることなのです。

ページの先頭へ