知識賢治の名言|弱さを受け入れる謙虚さの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

「弱さを受け入れる謙虚さ」については、最近になって、改めてその重要性を実感することが多い。これは謙遜ではなく、「自分はまだまだ未熟だ」と感じることが、本当によくあるのです。その弱さを素直に受け入れれば、さらに自分を高めていくにはどうすべきかを考えることができます。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

アンケートの中でも1日で数十件くらい寄せられるゲストの自由記述欄はとくに意識しています。例えば、「すごい人なので、待ち時間が寒くてつらかった。でも、ダッフィーに会えて感動した」というメッセージが寄せられたとします。ここで注目すべきは後半の「感動した」ではなく、前半の待ち時間であり、寒さ対策です。施設の投資計画に反映するほか、部門ごとに各キャスト(スタッフ)から改善提案を出してもらうなど、すぐに対応します。

人間、欲がなければ頑張ろうという気が起きず、リスクのある挑戦をしようという気がなくなります。これでは絶対に成長しません。

自分の家族と夕食を食べる時間があって、子どももかわいがって。自分の最も近くにいる人たちをきちんと幸せにするという姿勢なくして、社会を幸せにしようというのはおこがましい。だから僕は島耕作にだけはなるまいと誓ったんです。

雑談のネタは「相手側の話題」であるということが大切です。自分の話ではありません。よく「会話の準備」というと、最新ニュースや天気、あるいは自社のPRポイントなどを考えがちです。ですが、人は自分に近い話題が一番しゃべりやすいもの。初対面の話題探しのポイントは、いかに「相手に近い」話題を探すかです。

再建を始めた当時のハウステンボスは、夏場は好調でしたが、冬になるとお客様が激減し、夏の収益を食いつぶしていました。、私はこの冬の集客の改善にこそ、真っ先に取り組むべきだと考えました。そこで考えたのが、「世界一のイルミネーション」です。冬場は暗くてさびしい気分になるのなら、明るく照らして温かい気持ちになってもらおうと、冬場にイルミネーションイベント「光の王国」を開催。これは毎年恒例の人気イベントになり、今では夏場より冬の入場者が多いほどです。一番伸び悩んでいるところをリカバーすれば、立ち直りも早いのです。

独自の文化や思想を継続しつつ、様々なチャレンジをしていきたい。会社にその思いは植え付けられています。

一番よくないのは「忙しいから部下に仕事を頼む」という姿勢です。相手は敏感に「自分はたまたま暇そうに見えるから任されたのか」と思います。これでは部下のモチベーションは上がりません。そうではなく、「私を成長させようと思って仕事を与えてくれた」と思わせなければいけません。それには「なぜ特定の相手にその仕事を振るのか」について納得のできる理由、「あなただから任せるんですよ」というメッセージが必要です。

ページの先頭へ