知識賢治の名言|40代は節目の年代

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、ビジネスマンに求められる力は知力・体力・人間力だと考えています。20代や30代では、知力・体力が右肩上がりに伸びますが、40代に入ると下降し始めます。一方、人間力は、20代や30代のうちはまだまだ低く、40代から本格的に磨きをかけていかなくてはならない。その意味で、40代は節目の年代といえます。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人の欠点は目立ちます。一方で、それを初めから指摘したのでは反発されるだけです。まずは相手の良い面を見つけて、信頼関係を築いた上でネガティブなことを伝えた方が、相手も耳を傾けてくれる。

思考はまったく、恐ろしい代物だ。思考は、体制を覆す、革命を起こす。秩序を打ち壊す。思考は、特権や、既存のシステムや快適な習慣には容赦しない。そして平気で地獄のふちをのぞき、恐れることを知らない。思考は偉大であり、迅速であり、自由である。それは世界を照らす明りであり、人間の最も偉大な能力である。

経営本も読みましたが、自分が体験して初めて本に書いてあることが理解できる。経験しないうちは分かった気がするだけ。何の力にもならない。

後発組がより多くのお客の支持を得るためには、斬新なアイデアと気概が必要です。それには、人材育成や結束力などの組織力が伴わなければ、達成は困難です。

会社はその期間中に本人の能力適正などを評価して、本採用かどうかを判定する。その採点項目の中にちょっと面白い一項がある。「ものをやり遂げる能力」というのである。これはまことにアメリカ人らしい、いかにも実際的な考え方であると思った。
【覚書き|米国GEの工場に技術実習生として派遣された当時を振り返っての発言】

常に変化していないと生き残れない。

いろいろな分野の非常にニッチなマーケットで高いシェアを取り、マージンをきちんと稼ぐことが我々の特徴。

ページの先頭へ