知識賢治の名言|目標を明確にし、いつも目にみえる状態にしておくことが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

勉強において大事なのは、いかに気持ちを継続させるか。そのためには、目標を明確にし、いつも目にみえる状態にしておくことが重要です。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

旧来の日本企業は、社内の「和」に重心をかけすぎ、社員に「自分を捨てて全体のために生きるべきだ」という道徳を押し付けてきた。だが、今後は、いい意味で利己主義の人材が必要になる。もちろん「和を乱せ」というのではない。みんなで仲良くする前に、個々がしっかりとしたスキルと情熱、行動力を持たなくてはいけないということだ。

過去10年間、三菱自動車は追い込まれながらリストラをしてきました。ただ、再生を果たした今年度からは攻める余力がある中でスリム化を進めていかなければなりません。これは言うのは簡単ですが、実行するのはなかなか難しい。緊張感を社内で保てるかどうかがカギとなります。

グローバルな競争が行われる時代となる一方、モノを言う株主も出てきて、経営が非常に複雑化しているので、実際は社長一人だけでなかなか対応できない面もあると思います。社長を中心とした良い経営チームで対応しないと難しいでしょう。ただしチームを編成し、リードするのも社長次第ですから、結局は社長で決まるといえます。

自分を変えられる人は、「自分を変えることは可能だ」と信じている一方で、「自分一人の力で、自分を変えるのは難しい」という信念も持っています。自分を変えることは、いわばソーシャルプロジェクト。味方やメンター、同じゴールを分かち合える人を、積極的に求めるのです。

「DO」「KEEP」という2つの軸があって初めて英語力は高められるのです。学習の「実行」と「継続」です。

後輩や部下にしても、たとえば誰にでもできる仕事を振られるよりも、自分にしかできない仕事で頼りにされるほうが、やる気になるもの。ですから、ただ手が空いている人に頼むというのはやめ、あくまでその仕事が得意そうな人に、「あなただからこそ」という姿勢でお願いすることが大切です。そうすれば、頼まれたほうも悪い気はしないですし、大いにサポートしてくれると思いますよ。

社員が幸せな会社は、誰かが運んでくるものではなくて、ここにいる全員でつくらなきゃいけない。

ページの先頭へ