知識賢治の名言|想いを伝えることが大切

このエントリーをはてなブックマークに追加

用意した言葉ではとても足りないと思わされる場面もたびたび経験しています。一番印象に残っているのは、社長に就任して初めて、社員たちの前で話をしたときのこと。壇上に立ち、社員たちの顔をみた瞬間、用意していた原稿の内容はすべて吹っ飛びました。「自分たちはこれからどうなるのか」とすがるように私をみる目や、「こんな若い社長で大丈夫なのか」と疑う目をみたとき、用意した言葉では全然足りないという想いが湧き上がってきました。そして、「この会社は絶対に潰さない。私は死んだ気になって一生懸命やります。だからみなさん、私についてきてください!」という言葉が出たのです。すると、誰からともなく拍手が湧き起こり、会場全体に広がっていった。その様子は、いまでも忘れられません。「じつは会社を辞めようかと考えていましたが、あの言葉を聞いて、もう一度頑張ろうと思いました」と私に打ち明けてくれた社員もいました。


知識賢治 の経歴

知識賢治、ちしき・けんじ。日本の経営者。「カネボウ化粧品」「テイクアンドギヴ・ニーズ」「日本交通」社長。神戸出身。同志社大学法学部卒業後、鐘紡(のちのカネボウ)に入社。カネボウ化粧品に配属され、大阪で営業を5年経験。その後、マーケティング、経営企画部門、新規事業企画などに従事。化粧品大ヒットブランド「リサージ」の立ち上げに参加し、子会社化の際に株式会社リサージの社長に就任。その後、カネボウ化粧品に戻り社長に就任。退任後は結婚式関連事業のテイクアンドギヴ・ニーズ社長、日本交通社長などを務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちは、あらゆる面において、皆さんを助ける努力をして参りました。しかし将来は皆さんの手中にあり、皆さんは実際の体験における試練と教訓を待たねばなりません。

変化を受け入れてそれに対応し、問題解決に取り組み、自分のやり方を日々改善していく。たやすく実践できることではありませんが、その行きつく先には成長と成功が待っています。

ライバルと比べない限り、戦いには勝てない。

部下の問題点を指摘するときには、「なぜ問題なのか」を含めて明確に伝えなければならない。嫌な話をするときは誰しも腰が引けてしまうものです。意識していないと、どうしてもぼんやりとしたわかりにくい話し方をしてしまう。これは明らかに逆効果です。聞き手の心には「何が言いたいかわからないが、悪いことを言われた」というマイナスのイメージだけが残ってしまう。

返せぬほどの恩を受けると、そこには力の上下関係が生じます。求めるより与える。惜しみなく与える恩は、家族の中でも力関係として働きます。夫や親としての威厳を保つなら、それが一番の方策です。ただ、与えるといっても、妻や子供が欲しがるものを、何でも買ってやるということではありません。お金や物とは限りませんし、必要としているものでなければ無意味です。

たとえ内心で出世欲を隠し持っていたとしても、利他的な目標も必ずあるはず。そちらを前面に出せば周囲から信頼され、一目置かれます。こうして味方を多くすることは、目的達成を格段に容易くするでしょう。

オーナー様に融資をしていただく金融機関との関係づくりは、今の私にとって最大の仕事になっています。銀行によって融資の方針が違いますし、同じ銀行でも支店や担当者によって方針が違うことも多いので、社長である私が各支店に足を運び、支店長など決定権を持つ人と直接話をしながら、こまめに情報の把握に努めています。だからこそ、お客様のニーズに合わせて、「××銀行の○○支店に相談すれば、有利な条件で融資してくれるだろう」といった判断がスピーディーにできるのです。

ページの先頭へ