朝田照男の名言|どんな仕事も明るく情熱を持って

つまらない仕事や後ろ向きの仕事をしなければならないときも、明るく情熱を持って対応していくことが商社マンには必要だ。

朝田照男 の経歴

朝田照男、あさだ・てるお。日本の経営者。丸紅社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、丸紅に入社。財務部副部長、ソリューション事業部長、金融・物流部門長補佐、部門CIO金融保険事業部長、財務部長、執行役員、常務、総務部経理部財務部担当役員、専務などを経たのち社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕のポリシーは「隗より始めよ」。僕自身が先頭を走り、社員には「走りながら考えよ」と訴えている。

リーマンショックを契機に、もう一段会社が強くなった。

よく競争戦略などというが、競争を云々する前に、ベンチャー企業は売れる商品を提供できないとお話にならない。

最高のパフォーマンスを披露した選手たちをインタビューしてわかったのは、みんな、練習の時も、実際の実際の競技の時も何らかの形で精神的なリハーサルを行っているということである。

誰でも一度は会ってもらえるものですが、何度も会ってもらうためには、まず自分が勉強することです。相手にとって会う価値のある人間にならなければいけません。お互いに価値を見いだすことが大切です。

人件費を削って外部テナントを入れて集客しようという動きもありますが、我々は人をコストではなく財産と見なしています。高付加価値路線を追求したいと思っています。

新規事業にトラブルはつきものですが、大切なのはそれが起きた時の対応。覚悟を決めて会社を変えれば誠意が伝わる。

俺の才能をいつか誰かが見つけてくれるだろうと思っていても、見つける側はそんなにヒマじゃない。だから、チャンスが来たときにちゃんと手を挙げないと、絶対次の段階に行けない。

世間の関心が短期的なことに集中するのは仕方がないのだが、一方で世界経済を長期の視点で展望する重要性も忘れてはならない。

暮らしたい場所で働きたい仕事を見つけることは可能だと、多くの人に知ってもらいたい。

ページの先頭へ