糸井重里の名言|客観的に評価してくれる場に参加することの大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ほぼ日刊イトイ新聞」は「酔狂なコピーライターがやっている遊び」と見られがちですが、この先もずっと企業として社会の中で存続していきたい。だから客観的に自分たちの個性を評価してくれるところを探していました。
【覚書き|ポーター賞に応募した理由について語った言葉】


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私はホームレス時代、公園のトイレでノートパソコンをを広げてウェブデザインなどの仕事をしました。それが現在の事業にもつながりました。そう考えると、自分も経験しましたが、給料が減るぐらいはなんでもないことです。

いい時には新しい種をまかなければならない。

伸びる選手は「妄想」を抱いていない。目標と妄想は違います。目標は手の届く「半歩先」に置き、それを目指して練習する、その繰り返しだと思います。

まったく新しい戦略が成功する企業がときどき出てくる。当たり前のことかもしれないが、戦略のイノベーションは、それまでそうした戦略が存在しなかったからこそ、イノベーションになる。

住友伸銅所(のちの住友金属)での最初の仕事は庶務課だった。私はまず最下級の仕事からやらせてくれるよう希望して出入口の受付に座った。
【覚書き|東大法学部卒業後、住友本社に入社した当時を振り返っての発言】

前期と比べて上回っているとはいっても、以前の自分と戦ったら勝つに決まってますよ。本来、自分がありたい姿を目指さないといけない。

通産省で「課題を先取りする」ということを学びました。後追いの政策は有効ではありません。これがサントリーに転職した時に生きました。企業が課題を先取りするためにはお客様の声をよく聞く必要があります。なので、お客様がサントリーに要望を寄せる時に無料で電話をかけられる仕組みを競合他社に先駆けて取り入れました。

進化力と実現力は、当社の重要な企業価値。

ベル・システムに入社して最初に決めなければならないのは、どの部門から始めるかということだった。散々迷った挙句に営業を選んだ。営業から始めるのは良い選択だと誰かが言ってくれた。その会社で扱っている商品について良く知ることができる。商品のことだけでなく、自分自身のこともわかってくる。人とのコミュニケーションの取り方も学べる。いまでは私は、経営トップになろうという人は、一度営業を経験しておくべきだと考えている。

規模が大きくなると、どうしても商品やサービスが、自分の手の届かない読者やお客さんに向けたものになってしまいます。でも、手の届かないお客さんに向けた仕事って、どうなんでしょう。どうも僕にはピンときません。

ページの先頭へ