マイケル・ポーターの名言|当たり前のことを見失いがちな時代だからこそ、当たり前のことをする重要性は高い

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは皆、複雑な仕事に取り組んでいるため、ときとして単純で明快なことが見えにくくなる。ですから、私はそこに目を向けるようにしています。ディテールにとらわれずに根底に横たわっているメッセージをくみ取り、それを理解する。当たり前のことを見失いがちな時代だからこそ、そうすることの重要性は高いと考えています。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

気がついたら三流経営者になっていました。三流経営者から脱皮して本物の経営者にならればと思い、必死で勉強を始め、さまざまなセミナーや研修にも参加しました。
【覚書き|アルプス技研創業10年目頃を振り返っての発言】

自分の内面を磨くには、内省のひとことに尽きるでしょう。どれだけ深く自分を省みることができるか。内面の豊かさは、その一点にかかっていると思います。

ドラマに出たとき、最初は俺も「お笑いの世界からきたんだ、ネプチューンを背負ってるわけだから……」って気負ってた。でも、よく考えたら、どこに行ってもぺーぺーなんだよね。それってすごく得なことじゃない。そう気づいたら気が楽で。俺、なにも守ることないなって。素直に監督や周りのベテランの人に任せて、わからなかったら頭を下げて聞けば全部教えてもらえる。弱点だらけなんだから周りを信じちゃえばいいやって。

やりたいことリストの実現したものには「達成ハンコ」を押していきます。そのたびに、やればできるという自己効力感が増し、その自信がまた次のやりたいことを実現させる力になるのです。

社名が世間に通る通らないは会社の真面目さと努力の相乗積によって決まる。そのうちとてもいい名前だということになってくるだろう。
【覚書き|大阪商事から大商証券に社名変更したときの発言】

社会の中で、自分の能力と社会的ポジションを認識していれば、自分は社会のためになにができ、それを社会が期待しているかどうかがわかり、自分の果たすべき役割が見えてくる。

夢をムリヤリ作ってはいけません。まず、小さなことでいいから、自然な気持ちで「やりたい」と感じることを日々、書き続ける。その中から本当の夢が見えてきます。

ページの先頭へ