マイケル・ポーターの名言|どこに情熱を燃やすかは起業家次第

このエントリーをはてなブックマークに追加

人々とのつながりを構築したいという、とても社会的な思いから始めた起業家もいます。別の起業家は病気を発見する機械を作ることに情熱を燃やすかもしれませんし、人々が買い物をする方法を変えることに情熱を燃やす人もいます。そこから生まれた企業のひとつが米アマゾン・ドット・コムです。より効率的にエネルギーを使う方法を考案するなど、全く別のことに情熱を燃やす人もいるはずです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

文章を書いている間や書き終えた直後は「内容」に集中しているため、「文字」の間違いに気づきにくい。時間を置くことで、冷静な頭で確認できるようになる。

ハードの部分は、競合他社が真似することは可能です。しかし、我々の顧客が、定型サービス以外に何を望んでいるかは競合には分からない。例えばアンケートに「部屋のCDがもっと多ければよかった」と書いたお客さんが次に来られた時には、部屋にCDを多く用意しておく。そうした情報こそリピート率を高めるためにすごく重要なので、それを得るシステムに投資した方がいい。

物事を考えるときには、「長期的」「多面的」「根本的」という3つのこと念頭に置くようにしています。

1000時間やれば英語はできるようになります。1000時間の学習に2、3年かけてもいいと思います。しかし、それ以上の期間をかけても効果が上がりにくいのは経験上わかっていることですし、やると決めたら一年で決着をつけるくらいの覚悟があった方がいい。

どんな分野においても、それ以外に脇目も振らず、全力を尽くした者だけが大成します。その意味で、全力をかけて生きている人間は強いものです

顧客価値の高い商品を開発するには、経営者が会社の持っているリソースを顧客価値の高い商品に転換できるかどうかにかかっています。

経営に関する数字は、すべてがいかなる操作も加えられない経営の実態を表す唯一の真実を示すものでなければならない。

ページの先頭へ