マイケル・ポーターの名言|何が根本的に重要なのかを知り抜くことの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

数々の素晴らしい企業の歴史を振り返ると、大抵の場合、初めに強い情熱を持つ人物がいるものです。彼らは何が根本的に重要なのかを知り抜いているため、あらゆる障壁を乗り越えることができます。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

業界を知らないからこそ出来る。

心底相手の立場になって考えたら、信頼が生まれる。

アドラー心理学では、人を育てるには「上から評価して褒める」のではなく、「横から勇気づける」ことが有効だと考える。褒めることの正体は依存心を育て自律性を奪うという意味で「勇気くじき」にほかならないわけだが、では、人はどんなときに最も勇気が湧くかといえば、組織や共同体への貢献を「横から感謝された」ときである。

うちの経営戦略は、どんな時代にも需要がある「安心や安全のための商品」をやることです。それから、特殊なものを多角的にやる、具体的に言えば夜光塗料の技術をもとにして新しい製品や事業を開発するということですね。

わかりやすい言葉で明確なコンセプトを打ち出し、企業に内在するいろいろな要素を取り込みながら、社員が同じことに集中していく。そして、会社の価値観に合ったものが出来上がる。これが企業価値なのかもしれません。

私は週末のどちらかは、必ず出社するようにしているのですが、それは翌週の準備をするためです。たとえば、今週は取材や講演会などがたくさん入っているので、先週末はそのための原稿などを用意していました。翌週に出張や会議が入っているときはその準備もしておきます。週末を準備に費やす理由は、平日に作業する時間がなかなか取れないこともありますが、それ以上に、翌週の準備をしないと安心できないからです。私の場合、準備をしていないとストレスになってしまいます。

仕事で恥をかかなくなったらその仕事を離れた方がいい。

ページの先頭へ