マイケル・ポーターの名言|大局を見失わないことの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのビジネスリーダーは投資家や株主のためにしなければならないことばかりを考え、ときとして「会社が成功するために必要なことは何か」という大局を見失っています。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

集中力を研ぎ澄ますことで、不安や迷いといった雑念をふり払い、目の前の事態に向き合いやすくなります。

独立後、すぐに前職の年収を上回るケースはまれ。ほとんどの場合、1年目は収入減となります。それを見越して、運転資金や生活費を準備しておく必要があるでしょう。

極楽は西方(さいほう)のみか 東にも 北道(来た道)さがせ 南(皆身)にあり。
【覚え書き|極楽は西だけではなく東にも北にも南にもある。自らの歩んできた道を振り返り、自分の心の奥底を見つめれば、皆の身の内に極楽がある】

「今日は5万円売ってよ」と頼むより、「いらっしゃるお客様に親切にして、全員リピーターにしてほしい」とお願いするほうが、長い目でみれば効果的。

人を惹きつける人間力を養うには、感謝の気持ちを持つことが大切。

一番大切なことは、ポリシーを決めて、絶対に曲げないこと。

今でも母の教えが根付いているなと感じることがあります。それは母が言った「人を使うということは、人に使われるということなのよ」という言葉です。たとえ社長であっても課長時代はあった。その社長が、かつて課長として上司に提案をするとき、どういった想いで提案したか必ず覚えているもの。だから、想いを伝えれば必ず分かってくれる。

仕事は依頼を受けて、クライアントの経営者や現場の責任者の方とじっくりと打ち合わせをすることがほとんどです。独立する前の博報堂時代は競合コンペをやることもありましたが、いまはほとんどやっていません。もともと競合コンペはあまり好きではありませんし、僕のような仕事のスタイルの人間には向かない形式だと思います。

疲れたら寝る、眠くなったら寝ると、猫のように気まぐれなところがあるのも大富豪の特徴です。「ちょっと疲れたな」と感じたら、すぐ休憩されます。ときには3日3晩、不眠不休で事業計画を練るなど超人的な働き方ができる一方で、「気分が乗らない」と感じたら無理することはありません。

ある時代なり流派なりの凡庸な産物をいくらたくさん集めるよりも、ただひとつの傑作に接する方がより多くのことを教えてくれる。

ページの先頭へ