マイケル・ポーターの名言|素晴らしいリーダーや企業の行う選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーシップとは、日々の活動の中で選択をすることだと思います。しかし、素晴らしいリーダーや企業がほかと一線を画しているのは、その選択の積み重ねがユニークで、結果的に本物の価値を生み出しているからです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

最初から「論理」だけで相手を納得させるのは難しい。通じるところを探し、理解が生まれたら、やっとロジックがその上に乗ってくる、そんなイメージです。

仕事場の整理で重要なのは、仕事の生産性を高めるための整理術。整理をすることで仕事の段取り力が上がったり、新しいアイデアが生み出しやすくなります。無駄な作業の時間をできる限り減らし、効率的に仕事を進め、果ては利益を生むための整理なのです。

最近、中堅管理職の皆さんが、遠慮気味です。しかし、たとえば私がある事柄を指示したとして、その範囲内のことだけをやっているのでは困るわけです。悩んでばかりいて、行動を起こそうとしない人もいます。もっと全体最適を考えてリーダーシップを発揮してほしいと思います。

休日は取引先とのゴルフです。でも頭は仕事から離れてプレーを楽しみます。

「精神的につらそうな人に『頑張って』と言ってはいけません」という話を聞いたことがあると思います。しかし、必ずしもそうではありません。問題なのは「頑張る」ことではなく、「頑張りすぎる」こと。ですから私は、患者さんに「頑張りすぎないよう、頑張って」と声をかけることもあります。それに、人によっては「頑張らなくていい」と言われると、自分の存在を否定されたような感じを受けるようです。もちろん、ハードルの高いチャレンジをさせるのはやめておいたほうがいいですが、「無理をしないように、頑張って」と声をかけるのは、決して悪いことではないと思います。

新規事業を検討するとき、企業は「そこに市場はあるか」という市場リスクを真っ先に考えます。しかし、新規事業の多くが新規参入ですから、市場リスクの検討だけでは不十分です。むしろ、注意すべきは競合リスクです。花王がエクセレントカンパニーであることは多くの人が認めるところですが、その花王でさえ化粧品分野への参入は困難を極めました。競合の強いメーキャップ分野では苦戦が続き、結局、カネボウ化粧品を買収するまで芽が出ませんでした。いかに新規事業が難しいか、おわかりいただけると思います。

仕事を細かく分解することで、1日の仕事を時間単位、分単位でとらえ、モニタリングすることが可能となる。

ページの先頭へ