マイケル・ポーターの名言|すべての人を常に満足させるのは非常に難しいという前提で

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦略を考えるうえでひとつのカギとなるのは、すべての人を常に満足させるのは非常に難しいということです。誰のニーズにどう応えるか。これは、「戦略とは何をするかという問題であると同時に、何をしないかという問題でもある」という、戦略のもうひとつのカギにもつながります。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

三菱食品の森山透社長も、私と同じ三菱商事出身で旧知の関係です。互いに遠慮がないので、「本気で行きますよ」と伝えて、早速、様々な取り組みに着手しています。三菱商事とも同様で、本当の意味での「ウィン・ウィン」の関係を実現すべく、互いに踏み込んで、本気の勝負を挑んでいます。

外部環境が変動するのは、農業にとって天候が不順だったり良好だったりするのと同じです。天候が悪ければじっと耐えればいいだけの話ですし、恵まれればそのチャンスを生かすだけです。

30歳で心身症の一種であるメニエール病にかかってしまい、それまでのペースで働くことができなくなった。そこで出世コースから降りて、専門職へと方向を転換したんです。以後、40歳でリクルートを辞めるまで収入は固定されたままでしたが、新規事業の立ち上げや欧州駐在など、やりたいことをやらせてもらいました。思うに、僕の場合は、自分が本当にやりたいことを病気が教えてくれたんですね。そのおかげでキャリアを複線化させる準備ができたから、ラッキーだったとも言えます。

日本はしょうもない競争をやっています。誰かと比較したうえでの競争をやらせる。このクラスで誰が一番かと。この競争の最もいやらしいところは、必ず隣り近所を相手に競争させることです。遥かに超えた人間とは競争させないのです。

日本人は往々にして意見の違う人は自分の敵だと思いがちだ。しかし、異なる意見を受け入れることで多様性が生まれ、よりよいものが生まれる。

一番うまくいった商談を思い出して、「今日も絶対うまくいく」と自己暗示をかけてから、商談に臨むようにしています。たとえば、講演の前などは、「大丈夫、大丈夫。私は講演がうまいし、私の言うことを聞いてつまらないと思う人はいない」と自分に言い聞かせるんです。

私は社長就任以来、一貫して「チャレンジ・イズ・パッション」を一番好きなフレーズにしています。安政の大獄のころ、初代伊藤忠兵衛が創業して以来、150年以上の月日が流れました。伊藤忠は、環境の変化、多くの困難を、チャレンジ精神と情熱で乗り越えてきました。新入社員の皆さんにはぜひ伊藤忠に流れるDNAを受け継いでいってほしいのです。

ページの先頭へ