マイケル・ポーターの名言|事業成功に必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に情熱を持つだけでは、事業を成功に導くことはできません。情熱があっても失敗する人は大勢います。情熱や体内から湧き起こるエネルギーと、明確な選択の組み合わせが大切です。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者は、イノベーションの原石を見いだし、それを大きく育てる能力が求められる。

僕には社内にモノを言ってくれる人がいました。社外の交友関係でも、旭化成の宮崎輝さん、小松製作所の河合良成さんといった大先輩が「一番大事なのは己を知り、足るを知り、とどまるを知ることだ」「必ずものごとには終わりがある」「お金も権力も自然に集まるのはいいが、追いかけるのは危険だよ」などと言ってくれました。

ハーバードビジネススクールを出たから立派な経営者になるかというと、そうではないんですね。そういうところでは学べないこともたくさんあるんです。

「よく遊びますね」といわれますが、僕は本当に寸暇を惜しんで遊ぶんです。遊びで得られるものは、お客様に喜んでもらうアイデアにつながりますから。社員たちにも「遊びは大事だぞ」って言っています。

留学しようとしたとき、ハーバードしか受けませんでした。それはハーバードが世界でダントツのナンバーワン大学だったからです。世界中の面白い人たちとやり合ってみたい。そう思っていました。

移動コストも投資。その料金以上の見返りがあると思えばタクシーもグリーン車も遠慮することはありません。自分の時間を使うことに対して、いくらの損得になるかの発想は常に持っているべきです。

現代人には、私も含めて厚みのある人間が少ないですよね。明治時代には、もっと気骨のある人間が多かったように思います。だから、いまはもっぱら昔の経営者が書いた本や歴史の本を読んでいます。読書を通して桁違いにすごい人に出会いたいのです。桁違いにすごい人に会うと、刺激を受けますからね。

ページの先頭へ