マイケル・ポーターの名言|自分の信念をもとに実行することの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加

戦略の立案の仕方を知らなくても、優れた戦略は立てられます。多くの場合、それは自分の信念をもとに実行することから始まります。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

テクノロジーの世界では自らが破壊者になるか、あるいは破壊されるのか、そのどちらかしかない。

技術の進歩によって、全ての人が力を持つようになった。それを生かす人と生かさない人では大きな違いが出ます。生かせば、誰でも小売りビジネスができるし、繊維だって物流だって、規模の大小にかかわらずどんなビジネスだってできるんですよ。

ものごとの無常について仰々しくしゃべりたて、現世の空しさの考察にふける人々を私は哀れむ。我々は、無常なものを無常でなくすためにこそ存在しているのだ。それは、両者を尊重することを知って初めて可能になる。

私が部下に高い目標を与えるときも、世の中にはこんなすごい人もいるんだぞと具体例を示しながら、自分の限界を引き上げさせていきます。

大事を成すには、衆知を集めることが何よりも重要になります。ただ、アンケート結果やその数字といった衆知ではなく、一人ひとりの生の声をできるだけたくさん聞き、表情を見ながらやりとりする中で集まる衆知こそ大事にしなければなりません。

坂口安吾は『日本文化私観』の中で、たとえ桂離宮や法隆寺がなくなったとしても、日本文化にとってはどうということはない、と言っています。過激な言い方ですが、一理あります。日本の文化は我々の暮らしの中や精神そのものにあるのだから、というわけです。日本人の美意識、何でもない空間に特別な意味を与える発想こそが重要だということです。

上司は、どこに部下が不満足を感じているのかを把握して、それを潰してあげるような行動を取る必要があります。

ページの先頭へ