マイケル・ポーターの名言|「人を喜ばせる」という思いは、資本主義の神髄です

このエントリーをはてなブックマークに追加

「人を喜ばせる」という思いは、資本主義の神髄です。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネスの宣伝効果を考えると、目立ってナンボです。でも、社長になって一旗揚げる人生を思い描いていたわけじゃありません。いまの自分など想像もしませんでした。
【覚書き|国や自治体の各種経営賞やマスコミに取り上げられることが増えたことについてのコメント】

接待は「相手を楽しい気持ちにさせる」ことが何より大切です。接待を成功させる秘訣は、「自分も一緒に楽しむこと」。

何かを捨てると、次への本気度が周囲へ伝わる。

私の若い頃のように、選手が監督に呼ばれるのは怒られるときだけ、ということはなく、選手たちは監督の考えや思いを常に知りたがっている。「黙って俺についてこい」の時代は終わり、緻密な相互コミュニケーションが強い組織の土台になるとも言われている。そうした時代にあって、監督の参謀役は必ずしも一人に限る必要はないと思う。投手と野手、攻撃と守備、育成と熟成。監督にとって各部門に参謀、あるいは信頼できる相談相手を持つことも理想的なチームづくりのポイントになる。

310万人の戦没者の中で3分の1は無辜(むこ)の一般国民が殺されるのが近代戦だということを知った上で、日本国民全員にこういった悲惨なことを再び起こさないという理解をしてもらわなければいけません。それを知った上で平和を求めていく。そして戦争はしてはいけないと考える。過去の出来事をしっかりと理解した上で、平和や戦争放棄を語るべきです。

自分たちを取り巻く環境も大きく変わっている。どこかでこれから任天堂がやるべきことを定義し直したほうがいい。

たとえば、65%の人が使う商品を、「3人に2人が使う商品」と表現する。商品価格を、「2000円」ではなく「1980円」に設定する。月々の費用を「1日100円」と、1日単位で説明する……。こうした表現は、誰でも無意識に使っているのではないでしょうか。このように、数字を「意図的に」扱う能力があれば、自分が手がける商品やサービスについても、わかりやすく魅力的に説明することができるはずです。営業やプレゼンの場はもちろん、社内文書を作成する際、仕事を外注する際……、コミュニケーションが必要な場面で、「表現としての数字」は大いに力を発揮するのです。

ページの先頭へ