マイケル・ポーターの名言|自分も相手もハッピーになれることをしなければ成功の見込みは低い

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの直感通り、自分がハッピーで、自分が働きかけている相手にエネルギーを与え、ワクワクさせ、ハッピーな気持ちにさせることができなければ、成功する見込みは非常に低いでしょう。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は組織というものはトップの主張によって性質が決まると考えています。

私は、その企業の利益率が高くても、借金がたくさんあれば長続きしないと判断し、空売りをする。

僕らはベンチャー企業なので、売上が立たなければ会社がなくなってしまいます。でも、大企業からきている人に、そういう危機感は薄いですよね。もちろんなかには志の高い人もいるんですよ。でも、せっかく現地組が本気でやっていても、その思いが日本で意思決定する人たちに理解されず、悔しい思いをする。これじゃなかなか本気になれないでしょう。

付加価値に対してお客様は対価を払ってくださるわけで、我々は付加価値の高い仕事していくべきなのです。

街づくりの基本は、まずその地域、場所、施設のポジショニングをきっちりつかみます。ポジショニングが決まったら、何に焦点をあてるか、その方向性を与えるのがコンセプトです。それが決まったら、あとはしゃにむに全力を尽くしてやるだけです。

先行き不透明で変化のスピードも速い時代に正しい決断を下すためには、論理力や戦略立案力よりも、直観力が鍵となります。直感を磨くためには、現場主義と「コミュニケーション」が非常に重要になってくると思います。

お客様との信頼関係が販売力につながっている。

ページの先頭へ