マイケル・ポーターの名言|成功する創業者の条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業が成功するのは、ある特定のことに対して強い情熱を持つ人物が、「自分たちなら変えられる」「影響を及ぼすことができる」「もっとうまくできる」と思って事業を生んだ場合です。そして、エネルギーにあふれる創業者が事業を通じて得られる喜びを仲間に伝え、彼らも喜びを感じるようにする必要があります。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事のゲーム化は、最終結果ではなく、プロセスを楽しむものだということが重要です。つまり、仕事が営業だとすれば、売上などの結果ではなく、「何件お得意先を回ったか」といったような、努力すれば努力したぶんだけ必ずついてくる数字を競うことが大事です。売上には偶然性も反映されますから、ゲームとしての楽しみが損なわれてしまうのです。

社員には理屈は言わない。スキンシップが大事。

相手を助けて自分もメリットを享受する。これがWin‐Win交渉。

会社がほしいのはいわゆる「できる男」だけじゃない。組織には、有能な人もそれほど有能でない人も両方必要。有能な人だけが集まった組織では、絶対に上手くいきません。

雑誌の表紙は、書店に並んだときに顔になる、そんな役割を果たしています。だからこそ、第一印象で消費者の五感に訴えかける価値を、何らかの形で提供しようと知恵を絞るのです。僕の場合は、とくに「グッズ感覚」ということにこだわっています。パッと見たときに商品が楽しく見えて、思わず買ってしまうことを目指しているのです。衝動買いしたくなる雑誌かどうかは、表紙の大事な要素だと思います。

スタートする前の段階で「ゴール」「道のり」「手段」をはっきりさせておけば、途中で壁にぶち当たっても慌てることなく前に進むことができる。

職人技にも近い高度なアナログ技術がなければ、デジタルの性能を引き出すことができないばかりか、製品に価値を付けることができません。ところが、ほとんどの日本メーカーはデジタルにあまりにも傾倒しすぎて、本来は重要であるべきアナログ技術をおろそかにしてきました。これから日本が再び復活していくには、10年あるいは15年をかけてでも優れたアナログ技術者をもう一度育成することが重要です。

ページの先頭へ