マイケル・ポーターの名言|ニーズを満たすことから利益が生まれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業において最も大切なことは、他社とは違う独特の方法で(顧客や社会の)ニーズを満たすことです。ニーズを満たすことから利益が生まれます。利続が先にあって、その後にニーズがあるのではありません。当たり前のことに聞こえるでしょうが、実際には「どうすれば利益を得られるか」と考えるところから事業を始める人が多すぎる気がします。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外店舗の成功の秘訣は、日本人が食べて美味しいと言われる店をつくること。日本人は世界で一番味にうるさい。その日本人に評価されなければ繁盛店はつくれない。

信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する。

私は部下によく「何か迷うことがあったら言ってね」と声をかけます。他部門との折衝などでは「私が出て行った方が話が早いと思うならいつでも呼んでください」と伝えています。執務中も部下に「ちょっといいですか」と話しかけられたら、「もちろん!」と答えるようにしています。

結局、システムを導入しても、それを活用する人財がいなければ用を為さない。

人生、何を始めるにも遅すぎることはありません。私はやりたいことが沢山あります。あと50年、夢を持って今を生き続けていきたい。

【覚え書き|68歳時の発言】

楽天ではオフィスの掃除を自分たちで行うことにしている。これは創業当時から続いているもので、現在でも変わっていない。オフィスの掃除を自分たちでするのは、足元の現実を忘れないためでもある。大きな目標を掲げるのは大切なことだけれど、それだけに心を奪われていると、人間はどうしても目先の小さな仕事を軽視してしまう。

日本のガン治療が遅れていたのは、医学界が村社会でボスの意向に逆らえなかったからです。米国留学から帰国した後、私は日本のガン治療を変えようと一念発起しました。しかし、同意してくれる人はいません。治療法をめぐるカンファレンスは、勝つか負けるかの激論です。毎回胃がキリキリする思いをしました。

ページの先頭へ