マイケル・ポーターの名言|高度に洗練された経営理論は往々にして、経営者の日を基本から逸らしてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加

マネジメントを学ぶことは素晴らしい会社を構築するうえで役立つことではありますが、高度に洗練された経営理論は往々にして、経営者の日を基本から逸らしてしまうことがあります。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

パネライを買収したとき、2つの選択肢がありました。ひとつは、膨大な宣伝費を2・3年投じ、有名ブランドにして一大ブームをつくり、売りきって逃げる。もうひとつは、常に品薄感をつくりながら、数少ない「本物」であるという側面を徹底追及する。我々は、製品が持つ本質的な価値に軸足を置き、ブランドを育成するという方法を選びました。
【覚書き|リシュモングループが第二次大戦前から続く時計メーカーのパネライを買収したときについて語った言葉】

我々の役割は、信頼性が高く高品質なシステムを提供すること。電動化によってクルマが単純化し、今までのような作り込みが必要なくなるという人もいる。でも、そうじゃない世界もあるんです。世界中のクルマがゴルフカートになるとは思っていません。

いいことは長く続かない。そもそも悪い状態が当たり前。

できる人は、休憩も大事にしています。集中すべきときは集中、力を抜くべきときに抜く、といったメリハリをつけているのです。休む間も惜しんで、デスクで昼食を摂りながら作業を続ける人がよくいますが、これでは午後の余力を失ってしまいます。

手紙を送ることに躊躇して、伝えるべき瞬間を失ってしまうほうがもったいない。感銘を受けた時にすぐ送らないと、相手も忘れてしまいます。必要最低限の礼儀さえおさえれば、相手の機嫌を損ねることはないでしょう。まずは、一歩踏み出してみることが大切だと思います。

人は正しいことをして注目されないと、ときに「負の注目」を集めようとする。人生を惨めにするような努力はやめるべきだ。

SNSでの交流には、独特の距離感が求められます。また、頻繁にブログやメルマガを更新するためには、それなりのコツが必要なのです。独立直後の多忙な時期、ネット活用にまごついていると、ビジネスで遅れを取る危険性が大。そこで、独立前からネットに触れ、思いどおり使えるようにしておきましょう。

コミュニケーションに「これで十分」はない。

評価されず悔しく思うことは自分を見直すチャンスになります。評価という目標に向かって、改めて「ゴールコミットメント(誓約)」を打ち立てましょう。絶対に達成するという気持ちを新たにすれば、途中のプロセスでやる気がなくなることはないはずです。

何も知らないから諸君の言うことは虚心坦懐に何でも聞いてみたいと思っている。私は偉そうなことは言わないし、また言えもしない。酒は飲む、道楽はする。しかし仕事だけは一生懸命やる。何も知らないということで現れたこの社長を買って欲しい。
【覚書き|大日本製糖社長の就任スピーチでの発言】

ページの先頭へ