マイケル・ポーターの名言|日本企業の歴史的な強みと弱み

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本企業の歴史的な強みと個性は、組織の全部門が協力して企業全体の質を高めることができる「トータルクオリティー」の概念に体現されていたと思います。一方、日本企業は歴史的に、戦略の分野が弱かった。戦略というものがいまだに十分に理解されていません。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

経営者の立場から述べると、人材活用はその人が持つコミュニケーション能力、リーダーシップ、スキルを総合的に判断して行うのが原則で、性差は関係ない。

善に基づく「不滅の正義」。その「公正な普遍の法則」への揺るぎない信頼が、人生の成功を導く鍵といえます。

堕落をもたらすものは思考の単一化です。日本でも国益より省益、省益より部門益を求めて突き進むのは、受験勉強一本やりで高級官僚になった人たちです。民間のサラリーマンもその相似形であることには変わりありません。

社員には「頭は人に教えを請うて下げるためにある」と伝えています。もちろん、社長もそうです。

工場内で部品を取りに行くために歩くのは無駄だ。歩かなくても、すぐ部品に手が届くようにしておくこと。そうした無駄な動作に、なぜ賃金を払う必要があるのか。歩くことは何の価値も生み出さない。部品をつくったり、組み立てたりするのが仕事だ。

私は0から100を生むクリエーティブな創業者タイプではない。仕事の基本を徹底することで、経営基盤を強固にしていくのが得意な経営者タイプ。

パンづくりの修行のため、杉並区にあった「マルシャン」というパン屋さんに丁稚奉公に行きました。最初の半年はとにかくつらかった。入門初日に、「帰りたい」と実家に電話をかけました。すると父は、「せっかく勤めさせてもらったのだから、一週間待て」と言う。それで一週間後に「帰りたい」と電話したら、今度は「1カ月待て」と(笑)。そうこうしているうちに徐々に気持ちが落ち着き、幸いなことに今の家内とも出会い、修業期間の二年を終えることができました。

ページの先頭へ