糸井重里の名言|その道には失敗があるかもしれません。それでも進まなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最良って何だろうと考えたとき、その道には失敗があるかもしれません。それでも進まなければならない。


糸井重里 の経歴

糸井重里、いとい・しげさと。日本の経営者、コピーライター、エッセイスト、タレント。「ほぼ日」社長。群馬県出身。法政大学文学部日本文学科に入学。学生運動に参加するも、内部抗争が嫌になり大学を退学。その後、アルバイトをしながら宣伝会議のコピーライター養成講座に通ったのち、デザイン事務所サムシングに就職。同社在職中にTVCFアイディア賞で銀賞・金賞を受賞するも倒産したためフリーとなる。主な受賞に宣伝会議賞、東京コピーライターズクラブ新人賞・特別賞、東京アートディレクターズクラブ賞、谷川俊太郎賞、伊丹十三賞ほか。作詞家や声優、そのほか幅広い分野で活動した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

相手の話したいことを話させてあげるのが会話のポイントですから、こちらから話を切り出す場合にも、「相手が自由に答えられる質問」をしてあげるといいでしょう。こちらから質問をする際は、まずは相手が答えやすい質問を投げかけてあげるのがコツです。

いま社会が求めているのは、与えられた問題を解く「課題解決力」ではなく、事象を観察して何が問題なのかを見抜く「課題設定力」です。いくら解法を知っていても、解くべき問題を間違えていたら、成果をあげることができません。

古典ってすごいんですよ。いろいろミックスしてもびくともしない。「どうぞやってください」って感じなんです。
【覚え書き|狂言を現代風にアレンジした現代狂言について】

反対意見が出れば、自分がやろうとしていることが正しいのかどうかを客観的に見つめ直せる。ですが、誰も批判を口にしなくなると、逆に自信が持てなくなります。

アウディは目に見えない部分にもお金をかけて徹底してこだわります。そんなエンジニアの魂を感じてもらえるのは本当に嬉しいですね。

社員が生きがいをもって働ける場を用意できてこそ、企業は永続できる。

大きな失敗はつらく、苦しいもの。そんな時に支えてくれる人を日頃から大切にすることが、とても大切。

ページの先頭へ