マイケル・ポーターの名言|他人と同じ、もしくは他人のやっていることを少し良くしようという程度では、事業は成功しない

このエントリーをはてなブックマークに追加

他人と同じ、もしくは他人のやっていることを少し良くしようという程度では、事業は成功しない。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の強みは、とことん広告投資の費用対効果にこだわっている点。テレビや雑誌などでは費用対効果が明確にならない場合もありますが、ネット広告ははっきりと明示することができます。広告配信が実際の商品購入にどれだけ繋がったかといったことも解析でき、費用対効果の高い広告配信が可能になる。

悩んでも状況は変わらない。どうしようどうしようと繰り返していても意味がない。

なぜ男と女がいるのか。互いに持っているもの、持っていないものを補完し合えるから、いいバランスになるんです。日本の社会は、もっと女性が前面に出られるようにならなきゃいけませんよ。

もともと僕は、「俺が、俺が」というタイプではありません。どちらかというと裏方志向が強いくらいです。ですから、商品開発にしても、「美味しいなと思って食べていたら、実は川越さんの仕事だった」というくらいのほうが僕の美学には合っているのです。ただ、そういう仕事ができるポジションに行くまでには人の目に多く触れる、世間に認知していただくプロセスが必要です。それもあって、僕はメディアでの仕事もたくさんしてきました。

企業競争力の源泉は、現場力にあると私は考えています。現場力とは企業の各現場が自律的に問題を発見し、解決する能力です。

先が見えない社会で必要な能力は、ひとことでいえば課題解決する力です。そして課題解決と同時に課題を発見していく力も必要だと考えています。

私も何度も、与えて裏切られたことがあります。そういう人は縁がなかったと思えばいい。与え続けたときに、最終的に味方になる人は残ってくれます。わかりやすいのは長く付き合っている人を大事にするということ。与える人を選んだり、出し惜しみしたりしていると、逆に自分が選ばれなくなってしまうでしょう。

ショールームは重要な存在です。新築の場合、住設機器は備品という感覚に近いのですが、リフォームは違います。リフォームは住設機器が耐久消費財と認識され、顧客の見る目が厳しくなります。だからこそ、ショールームの整備と、顧客と接するアドバイザーが重要になってきます。

私は言いたいことをどんどんぶつける直球型ですが、もっと粘り強く説得するアプローチがあってもよかったと反省しています。

自分の感情をコントロールできない人は、まっとうな仕事はできない。外務省でも、やたらと怒鳴り散らすような人は「あの人は情緒不安定だから」とレッテルを貼られる。そう言われたらすでに人間的信用力はゼロということ。

ページの先頭へ