マイケル・ポーターの名言|戦略の本質

このエントリーをはてなブックマークに追加

他社とは異なる選択をすることで差別化を図ると同時に、万人を喜ばせるのとは別の方向へ進む。戦略の本質を簡潔に言い表せばこうなります。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私の基準は、いま自分が楽しいかどうか、幸せかどうかです。常にその価値基準を物差しに働く場を選択してきました。ただし、その際に気にかけて実行していることは、そこに行ったとき、どうやって食べていくかをきちんと考えることです。たとえば、経験ゼロのIT業界に転職したかったときは、翻訳をマネージするポジションで入れてもらいました。それであれば、自分にもできると思ったからです。入社してから様々なことを吸収し、最終的にはマーケティングの副社長になりました。

うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】

日本人の選手は勝っても負けても、自己反省が強すぎるというか、ヨーロッパの人間に比べると、反省をするような傾向が強いのじゃないかと思います。まあ、私はそのような姿勢が個人的に好きですし、チームにとってもいいのではないかと思います。

世界経済が一体として動いているので、グローバルとローカルのいずれも深いレベルで情報が必要。

人間は30代のころの貯金で、それ以降は食っていくようなものです。私自身、40代で独立して成功できたのも、30代のころに自分の勝ちパターンをつかんだからです。それを40代から身につけるのは大変です。30代の皆さんには、「いまの仕事に燃えて燃えて燃えまくれ」とアドバイスしたいです。

本当にくだらない生き物だったら、それが現在まで生き残っているはずはない。46億年の地球の歴史があって、人類はたかだか100万年。ミドリムシはそれをはるかに上回る5億年の歴史を生きてきている。

WEBについては、販売現場が必要と判断する情報システムや使いやすさを何よりも重視しています。年間1000件近い要望・提案があり、その件数の多いものから開発に着手しています。全国の店舗で入力された情報が数秒以内に全店に反映されるような基幹システムの改良から、画面デザインを変えて色をカラフルにすると楽しく仕事ができるといった変更まで、さまざまな要望があります。

ページの先頭へ