マイケル・ポーターの名言|成功する会社の共通点

このエントリーをはてなブックマークに追加

成功する会社は皆、顧客のニーズをどう満たすかという点について新しい発想を持っています。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分の気持ちに嘘をつかず誠実でいることが何よりも大切。

人は親しい人に自分の私的なことを話します。すると、その人も自分に私的なことを話すようになります。これを自己開示互恵性の原則と呼びます。自己開示こそ他者に最大の好意を伝える行為です。

僕は新聞を6紙とっていますが、情報を集めるためではありません。むしろ、疑問を持つために新聞を読んでいるのです。6紙に目を通すと、同じニュースでも書いてあることが違う。さらにネットも加えると、みんなバラバラ。ということは、どこかが間違えていたり嘘をついていることになる。そうやって疑問を持つことが、真実に近づく第一歩。

もちろん利益を上げるのは当たり前だということでやるわけですが、みんなに利益を上げることを最優先で仕事をさせたら会社はもちません。まず安全で健康であること、そしてコンプライアンス、あるいは環境をよくすることができて初めて仕事が成り立つ。

大企業の組織の中にいては、必要性を痛感していても、集団主義で凝り固まっている経営の仕組みを変えるのは容易なことではありません。しかし、新しい会社ならしがらみがないので何にでも挑戦できます。

中学校で習う英語、とくに中学1~2年生で習うレベルの構文を使えば、日常会話は何とかなります。中学校の英語の教科書には、「Do you have a pencil?」という簡単な例文が出ています。「日常会話で『鉛筆を持っていますか?』なんて、聞く機会はないよ」と思うかもしれません。確かに、このままで使うことはほとんどないでしょう。しかし、「Do you have ~?」の形は、日常会話で頻繁に使われています。たとえば帽子を買いたいときにも、ホテルでもっと広い部屋に変えて欲しいときにも使えます。例文の「pencil」を入れ替えるだけで、さまざまな表現ができる。つまり「Do you have ~?」という表現は、「非常に汎用性が高い英語=使える英語」だということです。

一人の天才のアイデアは組織になると埋没してしまいますが、世の中に一人のアイデアが浸透すれば、もっと豊かになると思います。個人の持っている才能をいかに見出して世の中に広めるか、または社会に貢献させるかという役割を当社は成し遂げたい。

ページの先頭へ