マイケル・ポーターの名言|単純なことが見落とされている

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営が高度化し洗練されていく中で、単純なことが見落とされています。おそらく、経営者の多くが従来型の経営の慣習にとらわれ、事業の根本的な目的や社会との結びつきといった観点を失いつつあるからでしょう。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

見出しを考えるときは、大きな模造紙やホワイトボードに書き出すといい。最後に2mほど離れて、全体を俯瞰して眺めてみる。すると、「ポン!」と目に飛び込んでくる見出しがあるもの。そういう見出しは大抵、クライアントにも受けがいい。

基本は、人事を尽くして天命を待つということ。運や出会いに任せる。巡り合わせに委ねる。実際、それ以外にやりようはないですから。

多くの人は「コンプライアンスは企業のためのもの」と思っていますが、それは正しい理解ではありません。なぜならコンプライアンスは、「ビジネスマン個人を守るためのもの」でもあるからです。あなたが個人情報を扱う部署にいて、会社からはその管理について何の指示も受けていないとしたら、それは非常に危険な状態です。もし個人情報が流出すれば、あなた一人が責任を問われる可能性があるからです。実際、こうした不祥事が起きた際には、担当者が責任をとるため会社を去る事例は珍しくありません。場合によっては、法律違反で刑事罰を科される可能性さえあります。そのときになって、「会社が何も指示しなかったから」といっても手遅れです。

企業内価値とは、その会社の中で発揮される価値です。意思決定がどういうプロセスでなされているか、あるいは社内のどこにキーマンがいて、どこを通せば話が進みやすいか、といったことをどれだけ把握しているかなどで決まります。「うちの会社は品質に関しては絶対だ」とか「何よりデザイン重視」といった企業ごとの社風や文化への理解度も挙げられるでしょう。そういった企業内価値が高い人材は社内のプロジェクトを任された際に、様々なリソースをうまく使いこなすことができ、それが評価されて結果的に昇進も早くなることが多いものです。

偶然の出会いを重ねてきた僕ですが、自分の経験を踏まえて若い世代に伝えたいのは、「自分の才能にプライドを持つ」ということ。志を高く、誇りを持って突き進むことで、人生を実り豊かにしてくれる出会いを引き寄せて欲しいです。

私は今、傘寿(さんじゅ)と4歳ですが、心は34歳。
【覚え書き|84歳時の発言】

私たち弁護士にとって、依頼人とのやり取りや法廷の尋問で質問することが欠かせません。いわば弁護士は質問のプロです。それはたくさんの質問をしているだけではなく、目的を明確にしたうえで訓練をしているからです。たとえば法廷での尋問には、「依頼人にとって有利な情報を引き出す」という明確な目的があります。この目的を意識して実践を繰り返すから質問力が磨かれるのです。ですから、質問力を高めるためにまずやるべきなのは、自分にとっての質問の目的をはっきりさせることです。

ページの先頭へ