マイケル・ポーターの名言|企業規模よりも、立ち位置をしっかり固めることの方が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業規模は成功を決定するうえで最も重要な要素ではありません。重要なのは、自らの立ち位置をしっかりと固めることです。


マイケル・ポーター の経歴

マイケル・E・ポーター、マイケル・ユージン・ポーター。アメリカの経済学者。ハーバード大学大学院教授。プリンストン大学航空宇宙機械工学科を卒業後、ハーバード大学でMBA取得。同大学大学院で経済博士号を取得。最も有名な著作は『競争の戦略』。ファイブフォース分析、バリュー・チェーンなどを提唱した

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長でも、気軽に声をかけられて、話しかけられる存在でいたい。

話し方というとテクニックが重視されるかもしれませんが、そんな表面的なものではありません。伝えたいことが、本当に相手のためになるのなら、下手でも一生懸命に話すことで、信頼を得られます。話の核心と、伝えたいという想いや姿勢があれば、派手な身振り手振りがなくとも、話は伝わるのです。

本当に人の役に立とうと思わなければ、事業なんか成功しない。

自分の頭と感性があれば、普通の世界も十分輝かせることができるはず。

小さいころから、何かクリエイティブな仕事に就きたいと思っていました。最初はグラフィックデザイナーを考えていたのですが、コンピュータ相手の仕事は自分にはちょっと合わないかな、と。そうして考えているうちに、料理人になることを決めました。料理はクリエイティブであり、つくるうえでも食べるうえでも、みんなで楽しむことができますから。

凡人、普通の人というのは、システムアプローチ、つまり決められたことをこなす能力は高いけれど、パラダイムを変えるような革新的な発想はできません。ですから効率は効率で大切ですけれど、革新的な発想を持った奇人変人も大切にしなければいけないのです。

最近のバラエティを観ていると、どれも似た番組になってしまっていると感じることが時々あります。テレビを観る層が限られていて、その層に向けた番組だけにとらわれてしまっているような気がするんです。

ページの先頭へ