ゲッペルスの名言・格言|嘘も百回言えば本当になる

嘘も100回言えば本当になる。

ゲッペルス の経歴

パウル・ヨーゼフ・ゲッペルス。ドイツの政治家、ナチスドイツの宣伝大臣。国家間の情報戦の第一人者。メディアや芸術を使った国家的な情報戦略を世界に先駆け取り入れ、プロパンダの天才と呼ばれた。イメージ戦略でナチスの躍進にも貢献。ハリウッド映画を好んで視聴した

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

政治家は原理原則として、人から好かれる人間でなければいけません。敵が多い僕のような人間は、所詮ワンポイント・リリーフ。

17歳でデビューして43年だからね。そのころはこの歳になって現役だなんて想像もしてなかったよ。まして7000勝なんてねえ。長く続けていればいいことがあるね。

将来の結果は誰にもわからないというしかないが、正しいと確信する道を歩んでいるだけだ。当社は市場を啓蒙しようと考えているわけではない。任天堂は任天堂を守るためにやる。照準は来年のクリスマスだ。

私の理想としては、少なくとも10年間は同じ仕事をやるべき、やらせるべきだと思っています。3年ぐらいでは、とてもスペシャリティなんて身につきません。その世界では、まだまだ下っ端ですよ。最低でもひとつの仕事を10年やる。そういう経験がとても大切です。

ワッと売れたものはワッと消える。トレンドとはそういうもの。

自分の得意分野を見直してみることをお勧めします。人のネットワークなら負けないとか、この知識は豊富だとか、強い分野が見つかれば自然と自信が持てるので、部下から急にわからない質問を受けても、頑なになることはないでしょう。

素晴らしい挨拶をするための要素は「低・賞・感・微・名」の5つ。頭を低く下げる、相手を賞する(ねぎらう)、感謝を表す、微笑みで接する、そして相手のお名前で呼ぶこと。

段ボールは100年前も今も、その基本的な構造は全く変わっていない。JISに規定される規格も3つしかない。それで十分ニーズに対応できていたし、皆変える必要はないと思い込んでいたからだが、消費の多様化、高度化、物流の発達、環境意識の高まりなど、世の中は刻々と変化しており、段ボールもそれに合わせて進化しなくてはいけない。

市場では我々のプロジェクトを他社も当然狙ってくる。数を追うのではなく、限られた案件をいかに確実に取るか、いかに収益力を高めるかがポイント。

弊社では、毎週「笑顔情報」「涙情報」を共有しています。「笑顔情報」は、お客様から褒められること。逆に「涙情報」はクレームが発生したことです。良いもの悪いものを関係者の数名が共有していても仕方がないことなんです。全社員に行き渡ってこそ意味があるのです。

ページの先頭へ